口内炎 対策 治らない 原因 治し方

口内炎対策.com〜治らない原因と治し方

スポンサーリンク

あなたは口内炎で悩まされたことがありますか?
今、悩まされているからこそ、このサイトを訪れてくださったのだと思います。
口内炎は、なった人にしか分からない辛い疾患です。週末に友達と約束が入ってご飯を食べにいくことになっていても、口内炎になったら楽しみが半減してしまいます。
ですので、できたら早急に治したいものです。
それでは口内炎とはどんな疾患なのでしょうか?
これは、間違って口の中をかんだり、口内の粘膜を何らかの形で傷つけてしまい、炎症を起こす疾患なのです。
種類にもいろいろあって、最もその中でも一般的なのがアフタ性口内炎です。この口内炎は約1週間から10日間で治りますが、時には再発を繰り返します。
その他には、カタル性口内炎やカンジダ性口内炎、ヘルペス性口内炎があります。
それでは、これら口内炎の対策や治療法について一緒にみていきましょう。
1.うがい液で一日に数回うがいをする。
口内炎になったら、特に口の中を清潔に保っておく必要があります。
一日に数回はうがい液でうがいをするように心がけましょう。特に起床後、食後、就寝前は必ずしましょう。

スポンサーリンク

2.ケナログを塗る。
ケナログは口内炎の治療薬で口の中の炎症を抑えます。使い方ですが、患部に直接塗ります。
ドラッグストアや通販でも気軽に手に入れることができるので、何かあった時のために一つ家に置いておくといいですよ。
3.レーザー治療をする。
レーザー治療を取り入れると、自然治癒で一週間から10日間かかるところが、ほとんど1日から数日で治せます。
レーザー治療のいいところは、瞬時に痛みが引いてくれる点です。また、レーザーは表面だけに届き、組織の深部まで到達しないので安全な治療です。
保険適用外ですので、かかるクリニックによっては、お値段が張ります。前もって、料金について訊いておくとよいでしょう。
4.ビタミンB2を摂取する。
口内炎にかかったら、意識して、ビタミンB2を摂取するようにしましょう。
ビタミンB2は牛乳、うなぎ、ししゃも、卵、牛肉、豚肉、チーズなどにも多く含まれていますので、食卓に並べて健康な食生活を送るようにしましょう。
このサイトでは、口内炎に関する具体的な症例を挙げて、詳しく説明しています。参考になりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク