口内炎 塩 血

出血のない口内炎は塩を使って治す

スポンサーリンク

口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症のことを指します。
原因としては、いくつかありますが、はっきりと原因が分からないということも多いようです。
体調が悪くなったり、寝不足が続く、頬の内側を噛んでしまうなどがあります。
頬の内側を噛んでしまった場合には、若干の出血を伴う場合もあります。
口内炎の症状が軽いという場合には、バランスのとれた食生活を心掛けることやストレスの解消、休養をとるなどを心掛けることにより、症状を軽減させることが出来ます。
ただし、症状がなかなか治まらない、発熱や倦怠感を伴う、症状が広がっているように感じるという場合、出血が止まらないという場合には、別の病気である可能性がありますので、注意が必要です。
他に病気がなく、口内炎の数もそれほど多くはないという場合であれば、セルフケアを行うという方法もあります。
自然に治るのを待つよりも、セルフケアを行なった場合のほうが治りが早くなる可能性もあります。

スポンサーリンク

簡単に出来るセルフケアとしては、ビタミンBのサプリメントを使用する、市販の薬を服用する、うがいをこまめにするなどの方法があります。
そして、その他に患部に塩を擦り込むという方法があります。
場合によっては強い痛みを感じることもありますので、そのような場合には、擦り込まずに、患部に塩をのせるようにします。
ある程度時間がたったら、うがいをして塩を洗い流します。
これは1日1回行うようにします。
なお、1日数回、塩水でうがいをするという方法もあります。
天然塩を使用することで、より高い効果を期待することが出来ます。
さらに、高い効果を得たいという場合には、殺菌成分の配合されているうがい薬を併用するようにしましょう。
それにより、口腔内の最近の繁殖を抑えることが出来ます。
その効果は3時間以上は継続すると言われていますので、食後にうがいをするようにしましょう。
症状に気がついたら、出来るだけ早めに対策を講じるようにしましょう。

スポンサーリンク