痛くない 口内炎 原因 対処法

痛くない口内炎ができる原因と対処法

スポンサーリンク

口内炎にも種類があり、口の中や舌の皮膚が陥没して白くなるものもあれば水ぶくれのようになるものもあります。
白い口内炎はアルコールや辛い食べ物などで刺激を受けるとしみてつらい思いをしますが、水ぶくれ状態のものは痛くないことが特徴です。
これらができる原因は様々で仕事や人間関係のストレスや睡眠不足そして食事バランスが悪いことや体調不良などが挙げられます。
痛くない口内炎は放っておいてもしばらくすると自然に治りますが、2週間たっても治らないのであれば病院でみてもらう必要があります。
その場合は別の病気による疑いがあるためです。
考えられる病気としては癌や腫瘍の可能性があります。
どちらにせよ症状が長期化するのであれば病院で診てもらって治療する必要があります。
痛くないからといって放っておいても、重病にかかっていると手遅れになることになります。
できる原因は口の中の雑菌が膿むことなので、口内環境を整えることが必要です。

スポンサーリンク

口内炎ができる原因は様々なため、予防法はこれといったものはありませんが普段の生活習慣を見直すことが最大の対処法になります。
仕事や人間関係のストレスについては改善が難しいですが、睡眠不足や食事バランスは改善することができます。
またオーラルケア用品を使ってうがいをして口内を清潔に保つことで雑菌を抑えることも効果があります。
オーラルケアを使ってうがいをすれば翌日には口内炎が治っていて飲み物や食べ物を食べても痛みを感じないといったこともあります。
そのためより早く治したいというのであれば、オーラルケア用品は強力な助けになりますし予防にもなります。
昔から言われている対処法としては、患部にアロエを塗ると治りがはやくなるとされています。
これはアロエの抗菌作用によって雑菌を取り除き、患部をコーティングすることで効果が表れます。
アロエ以外にもビタミン類を摂取することで体内環境を整えて患部の治療を促進させることができます。

スポンサーリンク