口内炎 治らない 何科 病院

口内炎が治らない時は病院の何科を受診?

スポンサーリンク

口内炎の多くは特に何もしなくても自然治癒で1週間〜2週間ほどで回復に向かうのが通常なのですが、できた場所や症状によってはなかなか治らないこともあり、そのような時には病院での治療が必要になります。
口内炎というものは口腔内で炎症をおこしているという状態のもので、基本的に口の中のどこにでもできますが舌にできれば舌炎と言い、歯茎などにできれば歯肉炎などと呼びます。
唇にできる口唇円や口角にできる口角炎は比較的よく見かけます。
種類もいろいろあり最も多いものはストレスや免疫力の低下が原因だと言われているアフタ性口内炎で大抵は1週間くらいで治ります。
他にもウイルス性のものや虫歯が原因のものなどもあるのでどちらにしても症状が長期間治らないない時や症状が悪化した場合には病院で診察や検査してもらい原因を見つけてもらってから治療をするのが最も良い方法になります。
特に何度も再発するような場合には非常に稀なケースですが難病のベーチェット病の症状でもほぼみられるものなので注意が必要になります。

スポンサーリンク

口内炎が長期間治らない場合には病院は何か何科行けば良いのかというのも迷い事ですが、実際には歯科や口腔外科だけでなく皮膚科や内科でも診察を行っている場合もありますが本来の専門は耳鼻咽喉科になります。
しかしながら原因の中にもある虫歯などが自覚症状である場合には歯科や口腔外科で虫歯の治療が最初の治療になる事もありますのでその時によって何科を選択するのかは迷う事もありますが、とりあえず歯科で診察をしてもらえば、舌癌などの重篤な疾患が疑われる場合には歯科から耳鼻咽喉科への紹介状を書いてくれますので何科に行けば良いのかを迷った時には歯科に行くととりあえず無難だと思います。
口内炎の治療はどの診療科でも基本的には軟膏などを患部に塗る対症療法が最も基本的な治療方法になります。
但し口内炎の治療そのものを行っているかどうかは何科というよりもその病院によって治療の対象にしているかは異なりますので病院に行く前に症状と状態を伝えて治療対象の確認をしてから病院に行くことが良い方法になります。

スポンサーリンク