口内 荒れる 原因

口内が荒れる原因と対策

スポンサーリンク

口内炎は痛みがあるため、食欲不振や味覚が鈍くなる症状も起こりやすく、適切なケアも必要です。
口内が荒れる原因は様々ですが、傷や栄養不足なども挙げられている内容で、歯で噛んで傷付けるなどすることで粘膜が炎症を起こし、荒れる原因になります。
また食事制限を行うダイエットでも荒れる原因は作られており、中でもビタミンB群の不足は肌荒れ同様にトラブルを起こしやすい特徴があります。
さらに大人だけではなく、幼児もウイルスが要因となり口内が荒れる場合があります。
そのウイルスには、生後半年からの乳幼児に多く発症が見受けられる単純ヘルペスウイルスによる感染があり、痛みを伴う口内炎ができるのが特徴で、ウイルスによる高熱も引き起こります。
また、夏風邪とも呼ばれているのがヘンパンギーナで、同じくウイルスによる感染が原因に挙げられています。
上アゴから喉の周辺などに口内炎や水泡ができるのが特徴で、大人と異なり、痛みなどの刺激を訴える術を知らない乳幼児の場合には母乳の飲み方や、口腔内の歯磨きの際のチェックでケアに努めることがポイントとなります。

スポンサーリンク

荒れていることで唾液線もダメージを受け、唾液の分泌量も減少しやすく、水分不足によって細菌が繁殖しやすくなります。
注意したいのは、食欲が低下することによる脱水症状であり、幼児などの場合には熱いものや冷たいものは避け、常温のお水で水分補給を行う必要があります。
また、刺激の強い食べ物は痛みなどを起こしやすく、しみない食べ物を摂取します。
常に様々な細菌が口腔内には棲んでおり、虫歯を防ぐなどの良い働きかけを行ってくれます。
しかし、悪い細菌の繁殖を防ぐことも発症リスクを抑制させることに繋がるため、荒れている場合には歯磨きを丁寧に行いますが、磨くことが困難である場合にはうがいを入念に行ったり、幼児の場合には指にコットンを巻きつけて優しく歯の汚れを拭き取るケアも効果的です。
また食事ではビタミンB群を含む食べ物に着目し、バランス良く摂取することやサプリメントを利用して普段から予防することも重要ですし、睡眠もポイントで、副交感神経の働きによって回復を早める内容です。

スポンサーリンク