舌先 口内炎 治し方

舌先にできる口内炎の治し方

スポンサーリンク

細菌などの影響を受けるなどして、口の中の粘膜に起こる口内炎は健康のバロメーターとしての役割も担い、ウイルス性だけではなく、ストレスや栄養不足などからも発症してしまいます。
できる場所も数も様々ですが、中には舌先に口内炎ができる場合もあり、基本的に原因は傷付けてしまったり、ストレスや栄養不足などが挙げられています。
舌先もセルフケアでの治し方が一般的で、口の中を清潔に保ち、菌の温床を防ぐことがポイントです。
栄養不足である場合には、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどを含むバランスの取れた食生活での治し方が予防にも直結し、免疫力も高められます。
自然治癒できるのが特徴で、生活習慣の見直しによって1週間から10日程度で治るのも特徴です。
しかしながら、舌先にできる舌がんの可能性も疑われるため、見分け方を知っておくこともポイントになります。
舌がんを発症するリスクは極めて低いものの、口内炎と似ている症状でもあるため、治り方に違和感がある場合などは医療機関に相談することも大切です。

スポンサーリンク

通常、自然に治る舌先の口内炎の場合、炎症部分と炎症していない部分との区別ができますが、舌がんの場合には境が分かりにくいのが特徴の1つです。
また円形や楕円形などが舌先の口内炎の形状として一般的ですが、舌がんの場合には様々な形で炎症しているために目安になりますし、舌にしこりのように硬さが現れるため、触ることでも違いを判断することは可能です。
通常の舌先にできる口内炎の治し方として、炎症している患部に軟膏を塗ったり、口の中の粘膜に傷を付けないための歯の噛み合わせを調整するなどの対策や治療も展開されています。
また温度に対して敏感な部分でもあるため、火傷するほどに熱い食べ物や唐辛子などの刺激が強い香辛料などを用いたメニューなどは、極力控えることが治りを早めるためのポイントになります。
また、舌の裏やサイドなど、どこにでも現れるのも特徴であるため、予防にはうがいや手洗い、歯磨きを徹底することは大切ですし、大人だけではなく乳児から子供、高齢者までが発症しやすいのも重要視すべき内容です。

スポンサーリンク