唇 口内炎 ワセリン

唇にできた口内炎はワセリンで対処

スポンサーリンク

口内炎はちょっとの油断からできてしまい、その痛みで飲食が困難になることもある厄介な存在です。
十分な休養ができずに無理をしていたり、食生活の乱れからもできてしまう口内炎は口の中だけでなく、唇にもできることがあり、小さいものが一つでもできるとリップメイクもできません。
特に唇は飲食時にも避けようがないので、しみて痛い思いをすることも多いので、早く治したいものです。
口内炎の治し方は、病院を受診したり市販の薬を使う方法が主ですが、ワセリンを使う方法もあります。
ドラッグストアでも手軽に手に入り、他の用途でも活躍しているワセリンは、実は口内炎にも効き目があるのをご存知でしょうか。
元々は口角炎に効くといわれていますが、実は口内炎にもその効果を発揮します。
また、口の中だけでなく、唇もきちんと殺菌しなければ治りは遅くなりますし、白くなったり大きくなったりすれば見た目も気になってしまいます。
口内炎ができたらなるべく早めに対処しましょう。

スポンサーリンク

唇にできた口内炎を早く治すには、大きさ関係なく、唇やその周辺、口の中を清潔に保たなければなりません。
食後はきちんとデンタルフロスでお手入れや歯磨きをし、口をゆすいだり、こまめにうがいをしておきましょう。
歯磨き粉や洗口剤はあまり痛みがひどい時は、使う量を減らしたり、避けるようにしても構いませんので、できるだけ刺激を与えないようにすることが大切です。
しっかり口周りをきれいにした後、細菌が増えないようにワセリンを塗って蓋をします。
これを毎食後、就寝前にするように心がけてください。
また、完全に治るまではリップメイクは避けましょう。
ワセリンには種類がありますが、白色ワセリンの一つであるプロぺトは、不純物も少なく、子供にも使用することができるのでおすすめです。
その他にもしっかり休養と睡眠、ビタミンが豊富な食べ物を積極的に摂るようにすれば、より効果が期待できます。
ワセリンは安価なので、自宅に一つは常備しておいてもいいですよ。

スポンサーリンク