舌に口内炎ができる理由 対処法

舌に口内炎ができる理由とその対処法

スポンサーリンク

口内炎は多くの方が一度は経験をしたことがあるものです。
口内炎は頬の内側や歯茎などの口の中や口の周りの粘膜に起こる炎症の1つです。
ほとんどの場合は頬の内側や歯茎、唇の内側にできますが、時々舌にもできてしまうことがあります。
口の中でも舌に口内炎ができてしまうのは辛いものがあります。
頬の内側などにできた口内炎は食べ物などが触れないようにすることができますが、舌の場合は食べ物に触れないようにするのは難しく、話をする時にも動かさなければならなくなるため痛みも感じやすく、よく動くため治りも遅くなってしまいます。
舌に口内炎ができる理由は、ほとんどが一般的な口内炎と同じです。
そして、対処法も一般的な口内炎と同じです。
一言で口内炎と言っても口内炎にも種類があります。
一番多くできているのがアフタ性口内炎です。
舌にできるのも一番多いのがアフタ性口内炎です。
そして二番目に多いのがカタル性口内炎です。
どちらの場合もしっかりとした対処法を知り行うと舌なので時間はかかりますが確実に治すことはできます。

スポンサーリンク

舌に口内炎ができる理由でアフタ性口内炎の場合は、はっきりとしたものは判明されていませんが体調が悪い時に出やすく、ストレスや疲れからくる免疫力の低下や栄養不足、睡眠不足が原因になると言われています。
特にストレスが積み重なるとビタミンB2を体が消費しやすく、ビタミンB2は粘膜の機能を維持するためには重要な栄養の1つなため口内炎が出来やすくなると言われています。
この場合の対処法は不足したビタミンB2をサプリメントで補い、休息をしっかりと取るということが一番です。
舌に口内炎ができる理由でカタル性口内炎の場合は、入れ歯や矯正器具が当たっていたり、舌を噛んでしまった部分に細菌が繁殖してしまうなどがあります。
この場合の対処法は入れ歯や矯正器具が当たらないように治してもらったり、噛んだ部分を出来るだけ清潔に保つことが必要になります。
アフタ性口内炎の場合もカタル性口内炎の場合も、その部分に薬を塗ることで早く治すことができますが、舌なので薬が取れやすく違和感を覚えることがあります。
また舌に口内炎が出来た時に気をつけなければならないのが舌癌の可能があることです。
2週間ぐらい経っても改善が見られない場合は一度病院を受診した方が良いです。

スポンサーリンク