口内炎 治し方 噛む

噛むことで発症する口内炎の治し方

スポンサーリンク

口の内側を誤って噛んで傷つけてしまうことで発症してしまうのがアフタ性口内炎で、完治しても頻繁に発症しやすいのが特徴で、食事時の噛む行為によって炎症しやすく、発症リスクは高い傾向にあります。
唇の裏側や頬の内側などにできやすく、何かの拍子で噛むなどして舌にも口内炎ができるケースが挙げられています。
アフタ性の場合、未病の1つに挙げられており、健康管理に気を配ることによって数週間で完治します。
しかしながら、食事時の噛みグセがついている場合には、症状が長期化してしまいやすく、治し方として歯科クリニックでの治療も展開されています。
口内炎は口の中の粘膜の炎症が原因であるため、口腔内の知識や技術に優れているクリニック選びがポイントで、口腔外科や耳鼻咽喉科でも診察は可能です。
通常は、軟膏などの炎症を抑制する塗り薬などが処方されますが、唾液の分泌などの影響ですぐに取れてしまうデメリットもあり、治りにくいケースが問題視されています。

スポンサーリンク

炎症によって腫れてしまい、腫れた突起物は噛むクセがついている場合、みたび噛んでしまい、治りにくい口内炎により、食欲低下まで招きます。
この場合の治し方として、噛み合わせを矯正したりレーザー照射によって痛みを緩和させる治療も提案されており、舌先などの治りにくい部分に適用されています。
普段から意識できる対策としては、食事の早食いは結果的に口の中を噛むトラブルに繋がりやすいため、ゆっくり時間をかけて食事を行うことが大切です。
また、硬い食べ物などは噛むことで先端が口の中を傷つけてしまいやすく、子供や高齢者の場合には十分に咀嚼するなど、注意する必要があります。
もちろん、歯の形状で傷つけている場合もあるため、治し方として歯科クリニックでの歯の治療は必須ですし、時と場合によってはマウスピースで対策する方法も提案されています。
口内炎は口の中の唾液の分泌を促すことも治りに繋がっているため、飴をなめたり唾液線をマッサージして刺激し、常在菌にとって良好な環境を整えることも大切です。

スポンサーリンク