子供 口内炎 治らない 原因

子供の口内炎が治らない原因

スポンサーリンク

子供の口内炎が治らない場合、単純ヘルペスウイルスによる感染が原因である可能性も否定できないため、その他の症状も観察し、小児科を受診することが大切です。
ヘルペス性口内炎は外部感染するのが最大の特徴で、ウイルスを持つ人が感染源となり、子供の場合には母親をはじめ、家族からの感染率が高いのが特徴です。
症状としては唇や舌などの口内に潰瘍ができ、腫れや痛み、さらに発熱を伴う場合も多いために症状に気付きやすい口内炎です。
また、喉など様々な場所にできるために原因に適した処置が必要ですが、口内炎は感染するものばかりではなく、自然治癒できるアフタ性などもあるために症状をしっかり把握することは親の役割の1つです。
また子供の治らない原因にはウイルス性による感染がありますが、症状の1つに口内炎を発症してしまう疾患もあるため、注意が必要です。
その1つが手足口病で、手や足に症状が現れるものの、口の中にも炎症を与えてしまいやすく、子供から子供への感染経路が増えているために注意したい疾患です。

スポンサーリンク

ヘルペス性の口内炎の治し方としては自然治癒とは異なり、薬物療法が展開されます。
痛みに対しては鎮痛剤が使用され、特効薬などで1週間程度となる早い完治も期待できます。
子供の場合、治らない理由に抵抗力となる免疫力が低下している点が挙げられ、痛みや違和感などから食欲不振になりやすく、栄養を補うことも回復機能を高めるための対策です。
抵抗力を高めることができる栄養成分には、ビタミンAやCをはじめ、疲労回復効果が期待できるビタミンB群を含む栄養バランスのよい食品を摂取することが大切です。
しかしながら、口腔内は炎症や腫れ、痛みなどを起こしているため、食事を摂りにくい難点も挙げられています。
特に子供の場合には刺激が負担となりやすいため、噛む必要のない流動食が適しています。
野菜などのスープもミキサーなどでかくはんさせて滑らかにすることで、必要な栄養素をしっかり吸収することが可能です。
またビタミン類はフルーツに多く含まれているため、食感の良いゼリーなどで口内炎の治りを早めることが期待できます。

スポンサーリンク