口内炎 1日で治す 方法

口内炎を1日で治す方法!?

スポンサーリンク

口内炎といえば、放っておいてもいずれは自然に治るものの、治るまでの間は非常につらい思いをする病気として知られています。
口内炎は口の中の粘膜や唇などにできる炎症です。
口の中には細菌やウイルスが棲んでいますが、うっかり粘膜を噛んで傷つけてしまったりすると、その細菌などが傷口から入り込んで炎症を起こします。
症状は1週間程度で自然に治まりますが、その間はズキズキと痛んだり冷たい飲み物がしみたりします。
また、生活習慣の乱れや栄養バランスの偏りなどが原因で起こることもあります。
そのメカニズムについてはまだ十分に解明されていませんが、ストレスが溜まったり、ビタミン不足になったりすると発症しやすいと言われています。
口内炎を治すためには、まずは口の中を清潔にすることが重要です。
こまめにうがいや歯磨きを行い、細菌やウイルスが繁殖しないようにします。
その上で、市販の塗り薬などを利用するのが一般的な治療法となります。

スポンサーリンク

口内炎の一般的な治療法については上に述べたとおりですが、この方法だと完治するまでにおおむね3〜4日程度かかります。
したがって、自然治癒よりは治りが早まるとはいえ、やはり一定期間は痛みに悩まされなければならなくなります。
そこで、もっと早く、たとえば1日で治す方法はないかというと、多少費用はかかりますが存在します。
それは、歯科医院でレーザー治療を受けることです。
レーザーで患部を焼いてしまえば、症状はピタリと治まります。
焼かれたことによる痛みは少しの間残りますが、やがて薄れていきます。
この方法は口内炎を1日で治すには最も効果的です。
ただ保険の適用が受けられない点には注意が必要です。
一方、市販の外用薬の中にも非常に速く効果が表れるものがあります。
それはスプレータイプの抗炎症薬です。
以前はいわゆる「のどスプレー」で代用していたのですが、最近では口内炎治療用のものが出回るようになってきています。
効果には個人差があるため確実に1日で治すことができるとは断言できませんが、塗り薬タイプよりも即効性があります。

スポンサーリンク