口内炎の痛みを和らげる方法

口内炎の痛みを和らげる方法

スポンサーリンク

アフタ性口内炎は口腔内を傷つけてしまうことが原因で起こるため、通常は数週間で自然に治るものの、まれに傷が大きくなったり痛みが長引くなどの完治までに時間を要する場合もあります。
治りを遅くする要因は食事にあり、食べ物を噛む行為によって刺激が加わり、口内炎が悪化するケースもあります。
口内炎の痛みを和らげる方法としては、予防を含めて口の中を清潔に保つことがポイントです。
口内炎を引き起こすのが口腔内の細菌による粘膜刺激などがキッカケであるため、殺菌作用のあるうがい薬をはじめ、予防にはマウスウォッシュでうがいを行うのが効果的です。
うがいは子供や高齢者の口内炎の痛みを和らげる方法として適していますが、アルコールや合成界面活性剤が含まれているタイプはピリピリとした刺激が口腔内に広がりやすいため、配合されていない殺菌効果のあるタイプを選択することが大切です。
また粘膜が傷ついている状態でもあるため、歯磨きは優しく行う、または歯ブラシではなく指による歯磨きで力を入れないケアも必要です。

スポンサーリンク

口内炎を早く治すためにも、刺激になる飲食にも注意が必要で、炭酸や酸性の強い果物、硬い物などは控えるのも1つの対策法です。
また市販薬などが手元にない状態での口内炎の痛みを和らげる方法として、民間療法も存在しています。
代表的なのは漢方を用いた緩和ケアですが、家庭で準備できるのは殺菌作用のある塩やハチミツなどの食材です。
特にハチミツには殺菌作用の高いマヌカの木から採取されるハチミツもあり、切り傷や火傷の治癒、炎症を和らげる効果が期待されています。
痛みを和らげる方法として、範囲が広い場合には清潔な脱脂綿を用いり、小さな炎症には綿棒を用いり、口内炎の患部をきれいに拭き、ハチミツを塗り付けます。
何よりも口に入れても安全性の高さがあり、粘度の高いハチミツは軟膏同様に密着して痛みを和らげてくれます。
ただし、夜寝る時にはきちんと歯磨きをして、虫歯にならないように気をつけることも大切です。
飲み薬などは常在菌までも減少させてしまいやすく注意が必要で、口内炎を早く治すためにも予兆があった場合に早めに対処することが悪化させない対策です。

スポンサーリンク