口内炎 白くなる 原因 対処方法

口内炎が白くなる原因と対処方法

スポンサーリンク

誤って口の中を噛んでしまったりすることでよく出来る口内炎ですが、他にも原因としては睡眠不足や栄養不足、ストレスや疲労による免疫力の低下などがあります。
そんな口内炎にもいろいろな種類が存在しており、おもな種類としてアフタ性やウイルス性、カタル性などがあり、その他にもアレルギー性やニコチン性などもあります。
これらの中でも一番多くみられるのがアフタ性で、丸い炎症が白くなるといった症状が特徴的です。
白くなる炎症部分は中央がややくぼんでクレーター状になっており、白い潰瘍部分の縁は赤くなっていることがほとんどです。
口内炎が白くなる原因としては、血液が凝固することでたんぱく質の膜が発生し、それが潰瘍を塞ぐためです。
このアフタ性のものは基本的に一週間か二週間程度で自然治癒しますが、その間は触れたりすると痛みがあり、歯磨きやうがい、食事が辛いといった症状があるため、そういった場合はステロイド入りの軟膏やスプレータイプ、シールタイプなどの専門薬があるので、そういったもので対処しましょう。

スポンサーリンク

アフタ性は自然放置で治癒しますが、やはり出来れば痛みを感じるなどの不快な症状を感じます。
とくに大きくなると治癒に時間もかかりますし、痛みもなおさら激しくなるため、日頃からのケアや予防といったものが大切です。
その対処方法として、まずは原因が分かっているのならば原因を改善し、かつ口の中を清潔にすることが効果的です。
たとえばうがい薬を使用したうがいは殺菌作用があるので良いですし、歯磨きの際は粘膜を傷つけないよう、力を入れすぎないように注意しましょう。
また口の中の乾燥も悪影響を与えるため、口呼吸なども改善した方が効果的です。
他にも生活習慣を見直して、ストレスを溜めずにしっかり休息し、栄養バランスの良い食事を実施するようにすることも予防効果が期待できます。
もっともこれらを実行しても発症してしまうこともありますし、二週間が過ぎても完治しないような場合は、口内炎ではなく他の病気のサインである可能性もあるため、そのような場合は対処方法として、早急に医療機関を受診するようにしてください。

スポンサーリンク