口内炎 痛み止め ロキソニン

口内炎と痛み止めのロキソニンの関係について

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、口内炎と痛み止めのロキソニンの関係についてお話して行きたいと思います。
口内炎とロキソニンの関係には2つの場合があります。
ひとつ目は、痛み止めとしてロキソニンを使ったら、口内炎ができてしまったかもしれない場合。
もう一つは、口内炎が痛いので、痛み止めとしてロキソニンを使用したいが、効果があるかどうか知りたいという場合。
1.痛み止めとしてロキソニンを使う場合
たまになのですが、痛み止めをロキソニンとして使用したところ、口内炎が出来てしまったということがあるようです。
何故そのような報告があるかですが、ロキソニンを内服することで、胃の粘膜が荒れて痛み、それが口内炎として現れたのです。
胃と口はつながっていますから、胃が弱るとそれがすぐ口に現れるのです。

スポンサーリンク

ロキソニンを病院で処方される時は、一緒に胃のお薬も処方されることが多々あります。
よくムコスタという胃の粘膜を保護する効果がある胃腸薬が処方されますが、このことからも、ロキソニンを服用すると胃が荒れることがよくわかります。
ですので、痛み止めとしてロキソニンを内服した場合、口内炎が出来ることはあり得るのです。

 

2.口内炎が痛いので、痛い止めとしてロキソニンを使用しても効果があるかどうかについて
口内炎は痛いので、痛み止めとしてロキソニンを服用したくなる気持ちはよくわかります。
ですが、上記の通り、胃に負担がかかるお薬ですので、痛みが本当に我慢出来なくなった時だけ、服用するようにしましょう。
継続的な使用は胃に負担がかかりますので、辞めておきましょうね。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク