口内炎 原因 食べ過ぎ

食べ過ぎが原因でなる口内炎の症状と予防法

スポンサーリンク

口内炎とは口の中や頬の内側、歯茎、口の周囲に炎症が起こることを言います。
歯茎に出た場合は歯肉炎、舌にできれば舌炎、唇にできれば口唇炎などと発症する部位により、呼称も様々です。
口の中やその周囲は常に外部と接していて、ウィルスやほこりが付着しやすい場所だと言えます。
口はのどとも繋がっている為、様々な粘膜で覆われ守られていますが、付着、進入してくるウィルスなどにより、その粘膜が炎症を起こして口内炎となるのです。
患部は粘膜にえぐられたような穴ができたり、水疱が発症したりします。
主な原因として、疲労からの免疫力の低下が挙げられます。
疲れやストレス、睡眠不足、栄養不足などが要因で免疫力が低下すると、発症しやすいと言われています。
若者に発症することが多く、一般的に10日前後で自然と治ります。
いつまで経っても治らなかったり、何度も再発する場合は、ベーチェット病の可能性が高い為、すぐに病院で検査を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

口内炎の主な原因として、ウィルスや細菌の増殖が原因で発症する場合もあります。
ウィルスにより発症した場合、口の粘膜に多くの小さい水疱が現れ、高熱や激しい痛みを引き起こすこともあります。
そして物理的な刺激で口内炎ができる場合があります。
頬の内側や舌先を噛んでしまった際に細菌が付着、増殖し発症してしまいます。
また熱い飲み物や薬品の刺激などが要因となり、発症することもあります。
症状として粘膜が赤く腫れ、水疱が形成されます。
唾液の量が急に増えて、口臭がきつくなることもあります。
最後に口内炎の原因の一つに「食べ過ぎ」も考えられます。
特に舌に発症する場合は、食べ過ぎが原因である可能性が高いです。
野菜や果物をほとんど摂らずに肉中心、または油っこいものを偏って食べ過ぎると、ビタミンが不足し口内の免疫力が低下してしまいます。
免疫力の低下により口内の細菌が増殖し、舌を中心とし唇や歯茎に炎症が起こるのです。
偏った食べ過ぎを行なわいことはもちろん、細菌を増殖させないように、食後はすぐに歯磨きを行うことが予防となります。

スポンサーリンク