口内炎 血の塊 病気

口内炎や血の塊の状態から考えられる病気

スポンサーリンク

食事中に血の味がしたり、できものに当たって気になるという事があります。
口の中に血の塊がある時や、口内炎を起こしている時は話す事も辛い状態になる場合があります。
口内に出来る血の塊は『血豆』ともいわれ、口内の皮膚が傷つかず血だけが固まった状態です。
頬の内側を噛んでしまっても、出血した部分だけが固まっているという事になります。
この血豆は、皮膚に刺激があった場合の一時的な症状というものが多いですが、ごく稀に悪性の腫瘍の可能性もあります。
特に、口内を怪我していないのに急に血豆が出来た、という場合は気をつけてください。
口腔内の癌などの病気も考えられるため、口腔外科などで検査を受けるようにしましょう。
食事中に頬の内側を噛んだ場合や、寝ている時に無意識に口の中を噛んでしまった場合など原因がわかっているものについては、一時的な症状のため放置していても問題はありません。
血の塊は放っておいても口内炎の症状として現れるため、自然に回復する事が多いです。

スポンサーリンク

口内炎がなかなか治らない、頻繁に出来る場合は他の病気の可能性も考えられるため、精密検査などを受けるようにしましょう。
一時的な症状の対処法としては、ステロイドの含まれた軟膏を塗る事で改善効果が得られます。
口内の症状は、時間が経てば自然と治る事が特徴なので、特に何もしなくても問題はありません。
大きかったり、痛くて生活に支障が出る場合は、専門医できちんとした処置を行う事で早めの改善が可能です。
また、寝ている時に無意識で口の中を噛んでしまう方は、ストレスが溜まっている場合があります。
溜まっているストレスにより、無意識に自分を傷つけて解消するという状態になっている事も考えられます。
日頃ストレスを感じている人は、自分なりの解消法を見つけ、ストレスを溜めないように生活する事を心がけましょう。
まれに悪性の病気の可能性も考えられる口内炎や血豆ですが、大抵のものは放っておいても自然に回復されるので、あまり気にせず様子を診ましょう。
日常生活を見直しても改善されない場合は、専門医に相談してください。

スポンサーリンク