口内炎 白い ぶつぶつ 線

線状の白いぶつぶつが特徴の口内炎とは

スポンサーリンク

口の中の粘膜もしくは舌に白いぶつぶつが線状に見られるという場合には、カンジダ性口内炎である可能性があります。
これは、常在菌であるカンジダというカビが何らかの原因で異常に増殖したことで発症します。
ストレスや疲労など、抵抗力が低下している時に発症することが多く、健康な場合にはカンジダ性口内炎を発症するということは稀です。
また、他に疾患があるという場合も、免疫力が低下していることが考えられますので、発症する可能性があります。
カンジダは常在菌としてどこにでもある一般的な菌ですので、他の人を介して伝染るというよりも、自分の持つ菌が原因になります。
治療法としては、抗真菌薬を使用していきます。
炎症が進むと、線状の白いぶつぶつが赤くなり、強い痛みを伴う場合もあります。
白いぶつぶつが線状に見られるという場合には、自分で対処することは非常に難しく、治療を早めに開始する必要があるため、早期に医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

口内炎の出来る原因はそのタイプにもより異なりますが、多くの場合は疲れやストレスがたまり、免疫力や抵抗力が低下しているということがあります。
そのため、予防のためにも十分な睡眠とバランスの良い食事、リフレッシュすることが出来るような時間を設けるということが大切になります。
特に食生活ではビタミンB群やビタミンCを摂取するように心掛けましょう。
一度にたくさんではなく、必要量を継続して摂取するということが大切になります。
普段の食事から十分な量のビタミン類を摂取することが出来ないという場合には、サプリメントなどを使用しても良いでしょう。
また、早めに適切な治療を受けることにより、炎症を長引かせること無く完治させることが出来ます。
そのためには、市販されている薬ではなく、医療機関を受診し、必要に応じた薬を処方してもらうようにするということが大切になります。
他に病気があることで口内炎を発症している可能性もあります。
気になることがあれば、医師に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク