口内炎 上あご 治し方

上あごにできた口内炎の治し方

スポンサーリンク

口内炎とは、下や歯茎など、口腔内にできる炎症の事です。
発症原因や治し方は、様々なものが挙げられます。
一般的に多いとされるのが、疲れやストレスによる、体の免疫力の低下による発症です。
口腔内は細菌に対しての防御反応が強い為、体の抵抗力が低下している時にできた口腔内の傷に過敏に反応した結果、それが口内炎として現れると言われています。
上あごにできる口内炎は、ストレスや疲れ等によってできる事がほとんどですが、食事中等に、口腔内を傷つけてしまった部分が炎症を起こし、口内炎となる場合があります。
特に上あごは食べ物等が接触しやすい場所であり、傷つきやすい部位なので、注意が必要です。
更に、偏った食生活でビタミンBが不足して発症するという場合もあります。
ビタミンB群は代謝ビタミンであり、人間の体には決して欠かせない大事な栄養素です。
ビタミンBが不足すると、皮膚や粘膜等が弱ってしまい、発症しやすい状態になってしまいます。

スポンサーリンク

上あごにできた口内炎の治し方も、いくつか存在します。
上あごに発症したものは、体の抵抗力が落ちた為にできたものがほとんどで、数週間程度で自然治癒するとされています。
しかし、口腔内の痛みが原因で食事が疎かになり、それによる栄養不足で治癒が遅れる事も考えられます。
自然治癒が待てない場合、アフタゾロンやケナログ等、ステロイド剤入りの軟膏を利用すると良いでしょう。
軟膏以外にも、シールのように口腔内に貼り付けるタイプのもの等もあります。
治し方も大事ですが、発症自体を未然に防ぐという事も考えておきましょう。
ビタミンB群は口内炎予防、又は治癒促進に関係していますが、ビタミンは体内に蓄積できないのです。
こまめにビタミンB群を摂取する事が、発症を防ぎ、治癒を早める事にもなります。
ビタミンB群を多く含んだ食品は勿論、サプリメントを摂るのも良いでしょう。
痛みが長く続き、治りが遅いようであれば、専門医に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク