口内炎 何科 舌

舌にできた口内炎は何科で診てもらうの?

スポンサーリンク

口の中にできた口内炎は痛みもあり、食事がしづらいなどの問題も出てきます。
そして口内炎は口の中の様々な部位にできますが、時には舌にできてしまうこともあります。
舌にできた口内炎を早く治すためには市販の薬やビタミン剤を利用する、しっかりと休息を取る、さらに口腔内を清潔に保つなどの努力も必要です。
軽症の場合であればこうしたケアを続けていけば短期間で完治しますが、時には長引いてしまうこともあります。
長期に痛みが続く、改善が得られないという場合は医療機関での治療も検討してみましょう。
とはいえ、舌にできてしまった口内炎は何科で見てもらえば良いのかわからないという人もあるのではないでしょうか。
舌にできる場合は、歯が原因していることもあります。
歯が尖っているなどの理由でできている場合はその歯を治療することで改善できることも多くなっています。
歯が影響しているという場合はまずは歯科医院での診察や検査を受けてみることがおすすめです。

スポンサーリンク

歯科医院で行われる治療は原因となっている歯を削る、入れ歯が合っていない場合は調整する、金属アレルギーがある場合はその金属を取り除いてみることで改善できることもあります。
歯科医院以外では何科が良いのかということとなりますが、皮膚科でも診てもらうことができますし、耳鼻咽喉科でも治療を受けることができます。
そして口内炎と思っていたものが舌癌である場合もありますので、よりしっかりと検査を受けたいという人もあるのではないでしょうか。
そういった場合は何科が良いのかということとなりますが、この場合は口腔外科がおすすめです。
病院に行く前に区別をつける方法としては、赤味があるかということでも見分けることができます。
口内炎の場合は赤い縁取りがあり真ん中が白くなるという特徴がありますが、舌癌の場合はそうした赤味はなく、触ると固い、健康な部位との境目がはっきりしないなどの特徴があります。
長く改善しない場合は早めに医療機関で診察、検査を受け適切な治療で改善していきましょう。

スポンサーリンク