口内炎 何科 子供

子供の口内炎は何科にかかるべき?

スポンサーリンク

口内炎はとても激しい痛みと伴うことがありますし一般的には症状が1週間ほど続きます。
大人でもたいへん辛い症状ですので、子供の場合でしたら泣きわめくほどの痛みとなることもあります。
ですからもしも自分の子供が口内の痛みを訴えるようなことがありましたら、虫歯だけでなく口内炎ができていないかどうかをくまなく確認してあげることが重要です。
そして実際に口内炎を見付けた場合は与える食事には十分に気を付けるべきです。
塩分の強い食べ物や熱い食べ物は患部を刺激しやすいですので、激しい痛みを起こしやすいのです。
まるで焼けつくような痛みを感じることもありますし、口内全体が痺れるような痛みを感じる場合もありますので、小さな子供にとっては大きな苦痛となります。
また、あまりに酷い痛みを訴えるような場合にはできるだけ早急に医療機関を受診することも必要です。
小さな子供の口内炎は何科を受診すれば良いのだろうかと迷う方もいらっしゃり、内科や歯科そして口腔外科でも構いませんが、できれば小児科を受診することが望ましいです。

スポンサーリンク

子供の口内炎は様々な医療機関で治療を受けることができますので、内科系や歯科系の医療機関ならば何科にかかってもほとんど問題はありません。
ですがその中でも特に小児科を選ぶことにはメリットがあるのです。
それは小児科の医師や看護師そして事務員などは小児の扱いに非常に慣れていますので、小さな子供でも安心して治療を受けることができるのです。
またかかりつけの小児科がある場合には、そちらを受診することが最もベストです。
その他には、小児科医は小児に関する病の専門医ですので処方薬の選択が特に的確であるということです。
その薬が何歳の小児に適用可能であるのかどうかについてや、適切な用量や用法を見極めるための豊富な知識を得ているのです。
このようにできるだけ症状や年齢に合った医療機関を利用することは、効率的な症状の改善に繋がるとも言えるのです。
ですから口内炎に限らず何科にかかるべきであるか迷った場合には、まず受診する医療機関を的確に選択することが肝心なのです。

スポンサーリンク