口内炎 塩 悪化 治療

口内炎の治療に塩を用いると悪化する?

スポンサーリンク

口内炎が出来てしまうと、治るまでの1〜2週間はとてもブルーな気持ちになります。
口というのは話をしたり、食事をしたりと、日常生活においては頻繁に用いることになるので、それが阻害されることは非常にストレスに感じることだと思います。
そのため口内炎が出来てしまったら、出来るだけ早めに治したいと思うのが希望でしょう。
そこで誰しもが一度は考えるであろう、家にあるものでの治療。
代表的なものとしては塩やハチミツといったものです。
このうちハチミツに関しては、様々な口内炎の研究の中で有効だということが知られています。
それでは、治療に際して塩を用いることは有効なのでしょうか。
どちらにも共通していえることは、それぞれが持つ殺菌力によって症状を和らげようとすることです。
主な方法としては、患部に直接塗ったり、塩水にしてうがいを行ったりすることなどが挙げられます。
これにより症状が緩和されるか悪化するかは医学的な根拠はありませんが、これらの治療というのは一般的に口内炎が出来る原因に依存するようです。

スポンサーリンク

口内炎が出来る原因やその仕組みというのは、未だに完璧には解明されていません。
一般的には口内を噛んでしまって傷つけたり、ストレスや免疫力の低下、さらにはビタミンをはじめとする何らかの栄養不足によって出来るといわれています。
つまり、基本的には原因に合った対処をすることが、早期に完治させる一番の方法だといえます。
ここで先程の塩による治療法を当てはめてみると、たとえば口内を噛むなどして一時的に出来てしまった場合は、患部の細菌が増殖する前に殺菌してしまえば、ある程度は症状を治療させることが出来、結果的に早期に完治させる可能性が高くなるかもしれません。
一方で、原因が栄養不足やストレスに起因する場合、まずは栄養をバランス摂取したり、日々のストレスを抑えたりと、根本的なことから改善していく必要があります。
ここで塩による治療法を行うと、確かに一時的には殺菌効果によって症状は緩和出来ても、根本的な原因は改善されていないので、口内炎そのものは悪化してしまう恐れがあります。
よって原因別に対処することが必要であり、塩による治療は、場合によっては緩和する可能性もあれば、悪化する可能性もあると言えるでしょう。
早めに医療機関を受診して、適切な治療を受けるように気をつけましょう。

スポンサーリンク