口内炎 原因 食べ過ぎ 改善

食べ過ぎが原因の口内炎の改善法

スポンサーリンク

現在の日本では、口内炎の大きな原因の一つとして、食べ過ぎが考えられています。
食べ過ぎとは言っても、偏食であることが原因です。
多少食べ過ぎの傾向であっても、栄養バランスが良い健康的な食事であれば、少々体重が増える程度で済みます。
新鮮な野菜や果物を毎日摂る習慣がなく、炭水化物や脂肪中心の食生活ばかり続けていると、ビタミンB群やビタミンCが不足し、口内の免疫力が低下してしまいます。
このような状態になると、口内で雑菌が繁殖しやすい環境になり、舌や唇、歯茎などで雑菌が炎症を引き起こし、口内炎の原因となるのです。
また、甘いものを頻繁に食べている方も、食事のバランス自体は良くても、口内炎に罹りやすくなる原因となります。
そのような原因ですから、一番の治療法は食生活の改善です。
食べ過ぎを止め、栄養バランスの良い食事を適量摂るのが効果的です。
食事が不規則で、外食なども多く、急に食事の改善が出来ない方は、ビタミンB群、ビタミンCのサプリメントを食後に摂ると、顕著に改善されます。

スポンサーリンク

また、常に食べ過ぎ傾向の方は、どうしても口内環境に食べ滓が多くなりがちで、不衛生になりやすいものです。
雑菌は食べ滓を養分にして繁殖しますから、食べ過ぎの傾向がなくても、毎食後、なるべく早めに歯磨きをする習慣を付けてください。
これも、偏食の改善と併せて、口内炎を予防する一助になります。
ただし、これらの対応をとっても口内炎が改善されなかったり、何度も再発を繰り返したりする場合は、複合的な要因が組み合わされた免疫異常である可能性もあります。
最近では、遺伝的な要因の可能性を指摘する専門家もいます。
再発する口内炎を、再発性アフタと呼びますが、確たる原因はまだ突き止められていないのです。
非常にケースは少ないですが、ベーチェット病である可能性も完全には否定できませんから、安心のためにも、再発傾向が見られるようならば、専門家の診断を受けた方が確実です。
まずは、かかりつけの歯科医の先生に相談すれば良いでしょう。

スポンサーリンク