口内炎 たくさん 病気

口内炎がたくさんできるのは病気のせい?

スポンサーリンク

口内炎は口腔内やその周辺部位に炎症が起こる症状で、潰瘍や水泡ができたりびらんが生じたりします。
多くの場合は疲労やストレスが溜まったことで発症してしまう、アフタ性口内炎の可能性が高いです。
疲労やストレスが溜まると免疫力が低下するため、口内炎が発症してしまうと考えられています。
2週間ほどで自然治癒されるので、症状を感じても治療を行なわずに放置している方が多いです。
痛みを強く感じるようであれば、病院で薬を処方してもらうこともできます。
ドラッグストアで市販薬も販売されているので、セルフケアを行うことも可能です。
しかし口内炎が急にたくさんできたり、何度も再発してしまうようであれば違う病気にかかっていることが考えられます。
その場合は自分で病気を判断することはできないので、病院で医師に診察してもらうことが大切です。
2週間経過しても治らない場合や、広範囲にわたって症状が起きている場合も、病気が隠れている可能性が高いので必ず医師の診断を仰ぐようにします。

スポンサーリンク

口内炎が急にたくさんできてしまうのは、ベーチェット病やヘルパンギーナなどの自己免疫疾患の病気にかかっている可能性が考えられます。
癌や白血病などの合併症の症状でたくさんできている可能性もあり、そのような場合は治療が長期間にわたるケースが多いです。
医師の指導に基づき、根気よく病気の治療を続けることが大事になります。
子供の場合は手足口病にかかっていることが多く、ほとんどの場合は軽症で済み、短期間で治ることが多いです。
しかし痛みがあり食べ物や飲み物を欲しがらなくなるため、保護者は水分補給に気を付けながら看病することが必要になります。
また、口腔内を不衛生なままにしておくのも、細菌が繁殖してしまう原因になるので、口内炎が広範囲にわたってたくさんできてしまいます。
毎食後の歯磨きやうがいを必ず行うようにして、清潔な口腔内を保つことを心がけるのも大切です。
痛くて歯磨きが難しい場合は、デンタルリンスを使用して細菌を繁殖させないようにします。

スポンサーリンク