口内炎 ドリンク剤 効果

口内炎とドリンク剤の効果について

スポンサーリンク

口の中や口の周りに発生する炎症を総称して口内炎と言いますが、痛いだけではなく、気分もどんよりとしてくるものです。
これというはっきりとした原因はわかっていませんが、栄養不足や精神的ストレスなどによって引き起こされると考えられています。
いろいろある栄養素の中でも、特に注目されているのがビタミンB群です。
口の中は粘膜で覆われているのですが、この粘膜を保護する役割を果たしているのがビタミンB2をはじめとするビタミンB群なのです。
これらの栄養素が不足すると、口の中の粘膜が傷つきやすくなります。
そうしてできた傷は口内炎の元になりかねないのです。
というのも、口の中は様々な細菌が潜んでいるので、ちょっとした傷ができるだけでも炎症などの障害を引き起こす原因となります。
こうした傷ができる原因には虫歯なども挙げられます。
虫歯で歯が欠けるなどして鋭利になっていると、食事の際にも口の中を傷つけるリスクが高まります。

スポンサーリンク

口の中が直接的に傷つけられるだけではなく、様々な刺激によって炎症を起こすことも考えられます。
発泡剤として歯磨き粉などに含まれている成分が口の中の粘膜を傷つけるという学説もあります。
いずれにしても、口内への無用な刺激を避け、栄養分をしっかり摂取することが口内炎を防ぐ上で大切になります。
栄養分の摂取という面ではドリンク剤などの活用も効果的です。
疲れた時の栄養補給や、肌荒れ対策などの美容を目的として摂取されるドリンク剤には様々な栄養素が含まれています。
そうした成分は不足している栄養素を補うことにもなりますし、体内の新陳代謝を促してくれたりします。
口内炎で傷ついた粘膜の保護や回復にも効果が期待できるのです。
上述のように口内には数多くの細菌がいるので、早期に改善しておかなければ、別の病状を引き起こす恐れもあります。
そうした事態に陥らないためにも、いろいろな効果の期待できるドリンク剤を活用することは合理的と言えます。

スポンサーリンク