口内炎 しみる 食べ物

口内炎の時はしみる食べ物に気を付けよう

スポンサーリンク

口の中に口内炎ができると痛みや食べ物がしみるなどの症状が出てとても不快な気分になりますね。
ビタミン不足や寝不足、ストレスなどできることもありますが、一番多いのは免疫が落ちている風邪をひいたときに、口内炎の症状に悩まされる方が多いです。
できてしまってからピークを入れても5日から10日程で徐々に治っていきますが、食べ物を食べるとしみる、ハミガキが痛いなど、特に食事は大人でも辛く小さな子供にはつらい期間になってしまいます。
口内炎の原因は寝不足、ストレスと共にビタミン不足がよくあげられます。
特にビタミンB2が不足すると口内炎ができやすいとされています。
ビタミンB2が含まれる食べ物の代表は豚レバーです。
苦手な方も多い食材ですが、のり、チーズ、ウナギなどにも含まれていて摂取することで治りやすいだけでなく予防にも役立つので、日常的に食生活に取り入れていくことをお勧めします。
長く痛みが続く症状なので少しでも早く治すように対処していきましょう。

スポンサーリンク

口内炎ができているときの食事はとても大変です。
食べにくい、しみる、などの症状の時でも食べやすく痛みが少ない食べ物を食べるようにしましょう。
固いものや熱いもの、辛いなどの味の濃い食べ物は患部に沁みて、痛みが増すことがあるのでこの期間にはなるべく食べないようにしましょう。
痛みが少なく食べやすいものでお勧めなのがクリームシチューやポタージュスープ、豆腐、ゼリー、ヨーグルトなどです。
シチューやスープの具は軟らかく煮て冷ましてから食べるとしみにくく食べやすいですね。
また、ゼリーヨーグルト、豆腐は柔らかく患部に刺激を与えずに食べることができるので、これらの物をうまく取り入れておいしい食事をとるようにしましょう。
ビタミンCが多く含まれたレンコン、ブロッコリー、イチゴなどを積極的に食べることで口の中の炎症を治したり免疫力を強める働きがあり、口内炎の予防になるので積極的に摂取するようにしましょう。
口の中の痛みはとてもつらい症状です。
栄養のあるものを食べ、睡眠をよくとるなどを行い、早めの完治を目指しましょう。

スポンサーリンク