口内炎 ビタミン ドリンク

口内炎に良いビタミンとドリンクのすすめ

スポンサーリンク

口内炎ができてしまうと様々な食べ物がしみて食事が取りにくくなります。
原因には色々なものがありますが、ビタミン不足もそのうちの一つですから、しっかりと栄養の偏りのない食事を取るのが一番です。
口内炎に効くビタミンの代表がB群です。
粘膜の代謝を正常化する作用を持っていますから、しっかりと普段から不足しないように取るのが大切です。
充分に取れていると皮膚や粘膜の再生を促してくれますから、治りが早くなります。
様々な食品に含まれていて、穀物だと玄米、魚類だとまぐろやさんま、肉類だと豚肉や牛レバー、乳製品などにも含まれています。
免疫力をアップしてくれるビタミンC、粘膜を強くしてくれるAと一緒に取ると、より効果が高まります。
口内炎にしみずにたっぷりと栄養を取れる食べ物は、クリームシチューやリゾット、クリームスープなどがあります。
柔らかく刺激になる成分を含まず、食べやすいものだとしみずに栄養をたっぷりと取ることができます。

スポンサーリンク

どうしても痛みがひどくて食事で栄養が不足してしまう場合には、サプリメントなどを活用しましょう。
マルチビタミンのサプリメントなどは複数の栄養が一挙に取れますから、予防と改善に役立ってくれます。
単体で取るよりもバランスよく栄養が含まれているマルチタイプだと、偏りなく栄養を取ることができます。
また、サプリメントも種類がたくさんありますから、成分の含有率や品質が良いかどうかなどをチェックしてから取り入れると効果的です。
また、体への吸収率が高い栄養ドリンクやゼリータイプのドリンクなども良いでしょう。
痛みで食事が取れない時でも栄養不足をしっかりとカバーしてくれて、早く効き目を実感することができます。
ゼリータイプもつるんとすぐに食べることができて、胃腸にも負担をかけずにすみます。
液状タイプがしみる場合でも、刺激のないゼリータイプなら大丈夫ですから、痛みが強い場合にはこちらを選ぶと良いでしょう。
塩やしょうゆなどの調味料で痛みが増すことが多いですが、これらの栄養補助食品ならその心配もありません。

スポンサーリンク