口内炎がよくできる 病気

口内炎がよくできる病気の発見方法と予防

スポンサーリンク

口内炎という病気があります。
口の中の粘膜に、一か所から数か所にわたってできるものを特にこのように呼びます。
通常はそのままにしておいても、1週間から2週間で自然に治ってしまいますが、2週間たっても治らない、あるいは口内炎がよくできるという場合は、体力の低下などが原因のこともあります。
たとえば食事の栄養バランスが悪いとか、食事を抜いたりしている場合、風邪が長引いている場合、それから生理で体力が落ちている場合などです。
その他、鼻づまりで口呼吸になり、口の中が乾燥しがちな時にも口内炎は起こります。
また口の中が不潔な状態、たとえば歯磨きを忘れて、そのまま寝てしまったりした時にも起こりやすくなります。
ですから口内炎がよくできるという場合は、口の中を常に清潔にし、規則正しい生活をして、疲労やストレスをためないようにしましょう。
また食事の時、刺激物は避けるようにし、アルコールは控えめにして、タバコはやめた方がいいでしょう。
また市販薬も色々出ていますので、それで治すという方法もあります。

スポンサーリンク

しかしそれでも口内炎がよくできる、しかもその口内炎の治りが遅いとか、あるいは段々周囲に広がるような場合、痛みがあるような場合は、他の病気であることも考えられますので、病院に行くことをお勧めします。
口内炎そのものは特定の診療科はないので、口腔外科や歯科、あるいは内科がいいでしょう。
口内炎がよくできる病気には、全身性の炎症疾患であるベーチェット病や、子供に多い手足口病などがあります。
その他にも、こちらも子供に多いヘルパンギーナや、あるいは糖尿病、白血病などの症状として起こることもあります。
その他にも舌ガンや尿毒症、潰瘍性大腸炎でも口内炎ができることがあります。
それから歯ブラシによる刺激や、歯磨きによるアレルギーでもやはり口内炎になる可能性があります。
それから口内炎を予防するには、ビタミンB群を摂るといいといわれます。
具体的にはビタミンB1である胚芽米や玄米、豚肉とビタミンB2を含んだうなぎやレバー、納豆、そしてビタミンB6を含むカツオやサンマなどです。
これらを同時に食べることで粘膜が強化され、口内炎ができにくくなります。

スポンサーリンク