口内炎 治りかけ 状態

口内炎を治りかけの状態にするには

スポンサーリンク

口腔内の病気で、口内炎というものがあります。
この病気は治りかけの状態までなってしまえば楽になりますが、それまではかなりの苦痛を伴います。
食べ物を食べる度にしみて、口の中を動かしてつばが当たるだけで辛い痛みがある状態てす。
口内炎になってしまう原因はいくつかあると思われます。
まず一つは糖質の取り過ぎです。
糖質といえばお米やパン、うどんなどですが特に悪いのが甘いお菓子です。
このようなものばかり食べていると、必然的にビタミンB群が不足してしまいます。
ビタミンB群が不足すると口内炎になりやすくなってしまうのです。
治りかけの状態になっても甘いものは避けましょう。
つまり栄養不足なのですが、他にはストレスも口内炎ができてしまう原因になります。
現代社会では会社や家庭などで誰もが、少なからずストレスを抱えながら生きています。
ストレスが溜まっていると免疫力が下がるのですが、免疫力の下がった状態では治りかけになるのも難しいでしょう。

スポンサーリンク

では、口内炎にならない為には甘いものを避けるということですが、治療に効果的な食べ物もあります。
それは、豚や牛や鶏のレバーです。
レバーはビタミンBが豊富な為積極的に摂るようにしましょう。
他には卵やサバ、うなぎや納豆などです。
主にたんぱく質ですね。
また、自然塩もとても大切です。
自然塩はミネラルが豊富に、しかもバランスよく含まれていますのでこれもまた口内炎には効果的です。
料理にも使うとよいですし、塩水でうがいしたり歯磨きをすることでも口腔内を健康に保ってくれるでしょう。
そして、現代ではストレスは避けて通ることができません。
その為少しでも発散させることが大切になってきます。
会社の上司や同僚、自分の家族など誰でもいいので話を聞いてもらうのもよいでしょう。
運動して汗をかくこともストレス発散につながります。
バスケやサッカー、バレーボールなどみんなで楽しめるものがよいかもしれません。
病気になってからでは遅いのでしっかりと予防を心掛けましょう。

スポンサーリンク