下唇 口内炎 原因

口内炎を発症する原因と下唇のケア

スポンサーリンク

口内炎は口腔内の粘膜に発生する炎症で、発症した後に刺激を受けると強い痛みを感じる特徴があります。
舌で触れた程度の刺激でも激痛が生じることもあるため、発症すると食事や発声に大きな支障が及ぶことがあります。
口内炎は発症原因によって患部の形状が異なりますが、いずれの場合も発症の原因になる事柄を解消することが症状を解消するための重要な条件になります。
口内炎の治療は専門医が常駐する医療機関で受けるのが最も適切ですが、多忙な社会人や自力での移動が困難な高齢者は通院の時間を割くことが難しく、症状が進んでしまう傾向があります。
そのため、日常生活の中で発症の原因が生じないように気を配り、口腔内を良好な状態に保つことが効果的な予防法になります。
口内炎は細菌の感染や粘膜に傷が生じることで症状が現れることが多いので、口の中を清潔に保ちながら傷がつかないように労わることが大切です。
香辛料などの刺激物の摂取や力任せに歯磨きを行うと粘膜を傷つけてしまい、細菌に感染するリスクも増大するので注意します。

スポンサーリンク

口内炎は口腔内の粘膜であればどこにでも発症する可能性があります。
多くの場合、頬の内側や上あごの粘膜に症状が現れますが、場合によっては下唇に発症することがあります。
下唇は歯が触れることが多く、常に刺激を受け続けていることから患部に傷が付いて症状が重篤化することがあります。
また、口を動かすたびに痛みも発生することから口を開くことが出来なくなる可能性があるので、異常が生じたら速やかに病院で適切な治療を受けることが大切です。
下唇に口内炎の症状が現れると痛みが生じるだけではなく、炎症によって大きく腫れ上がり、見栄えも悪くなってしまいます。
そのため、治療を受けている時も常に状態を良好に保つように心がけます。
下唇のケアは刺激物に触れないようにするのが最も効果的なので食事のメニューを見直したり、飲酒や喫煙は避けます。
刺激物以外にも服用している薬剤がある場合は医師に相談することがトラブルを回避するための心得です。

スポンサーリンク