口内炎 治癒期間

口内炎の治癒期間を早める方法

スポンサーリンク

口の中にできると痛みが強く不快な口内炎ができてしまうと食事も食べにくく、とても辛いですね。
一度できてしまうと中々治らずにほかの部分にもできてしまうことがあり、その場合は更に完治までに時間がかかります。
口内炎が口の中にできる原因で一番多いのは頬の内側や舌を間違って噛んでしまい、その部分に細菌が繁殖して炎症が起こり口内炎になります。
他にもストレスやビタミン不足、免疫力の低下などで発症する場合もあります。
ほとんどの口内炎がだいたい1週間から2週間ほどが治癒期間になります。
痛みがかなり強いので治癒期間もかなり長く感じられます。
少しでも早く完治するために生活や食事を工夫することが大切です。
長い治癒期間を少しでも早く治すために生活の中でも少しずつ工夫していきましょう。
口腔内をいつも清潔にしておくことが重要です。
うがいをするだけでも菌の繁殖を防ぐ効果があるので、よくうがいをすることが大切です。
是非実践してみましょう。

スポンサーリンク

ビタミンは不足すると口内炎ができやすくなりますが、免疫力を強め早く治す効果もあります。
できてしまった口内炎にはビタミン剤などでビタミンを補給する、早く治すためにはビタミンCが豊富なレンコンやブロッコリーを食べることで完治を早める働きをしてくるので積極的に摂取するのがお勧めです。
口の中が乾燥すると患部が悪化することがあるので、水分をよくとり水分不足にならないよう注意しましょう。
食事は薄味を中心に食べやすいものを食べると、患部に沁みることや刺激が少ないため悪化を防ぐことができます。
そうめんやゼリー、うどん、豆腐などが柔らく食べやすいでしょう。
生活習慣も治癒期間を早くするためには大切です。
寝不足やストレスをためることは完治を遅らせる原因となるので、規則正しい生活を心がけましょう。
少しでも早く治すためにはこれ以上数を増やさないように気を付ける、患部を刺激しないようにする、などが大切です。
口の中を清潔に保ち生活習慣を整えて少しでも早い完治を目指しましょう。

スポンサーリンク