上あご 口内炎 原因 治療

上あごの口内炎の原因と治療法

スポンサーリンク

口の中や周りに炎症ができるということがありますが、食事をしたり会話をするときにたくさん使うところとなっているので、非常につらいものです。
口の中にできる炎症として有名となっているのが、口内炎となります。
これは口の中のさまざまなところにできるようになっていますが、その中で上あごにできるということがあります。
上あごは、食べ物が接することが多くなっているので、少し触れただけでも痛みを発生するようになっています。
なぜ上あごに口内炎ができるのかという原因に関しては、いくつか考えることができます。
原因として考えられるのは、食事の際に接することが多いということで、ここでできた傷から炎症を発生させるということが考えられています。
この他に考えられる原因としては口の中に存在するカビの一種となっている、感じた菌が異常に繁殖するということが考えられています。
口の中で白い斑点が集まって苔のようになっています。
これが上あごに付着している状態となります。

スポンサーリンク

このように白い斑点ができて口内炎が発生することになるのですが、実際に食事をするときには、しみて痛みが発生するようになっています。
またこの病気にはいくつかの種類がありますが、アフタ性口内炎というものがあります。
これは毎日の生活の中で疲労や免疫力が低下しているということが原因として考えられています。
ストレスや睡眠不足、この他には栄養不足が大きく関わっているということになります。
人間は食事をするということが非常に大切になります。
どのような栄養が不足すると口内炎が発生するのかというと、それはビタミンとなります。
ビタミンといってもさまざまな種類がありますが、このなかでもビタミンB2が不足すると発生しやすくなっています。
さまざまな種類があるということで、治療方法も異なっています。
アフタ性のものは原因がはっきりとはしておらず、個人差があるということで自然治癒させるというのが治療の基本となっています。
また炎症を抑えるための薬を使います。

スポンサーリンク