口内炎 治らない 痛くない 対処法

治らない口内炎や痛くない症状の対処法

スポンサーリンク

呼吸や食事を摂ることにより、外部から細菌やウイルスなどが侵入しやすいのが口腔内の環境で、菌やウイルスなどによって口内炎を引き起こす場合があります。
頬の内側などの口の中や粘膜に起こりやすい炎症で、特定の場所にできやすいのも特徴の1つです。
炎症が軽く、水疱などができないなどの痛くない場合には市販薬などで完治させることが可能です。
しかしながら、日々食事を摂ることにより治らないケースも多く、咀嚼する際に歯ぐきや舌に口内炎ができている場合には食べ物が刺激になりやすく治りにくい難点も挙げられています。
治らない場合には歯科や口腔外科などを受診して、適切な治療を行うことで悪化を防ぐことが可能です。
また、治らない・痛くないなどの症状の場合、原因は細菌などのウイルスによるものではなく、特定の食べ物や薬物などが刺激に繋がっているケースも挙げることができます。
いわゆるアレルギー性口内炎と言われており、中には喫煙によっても治らないケースも実情として挙げられています。

スポンサーリンク

一般的なのは潰瘍性口内炎で、赤みはあるものの痛くない場合も非常に多く、白い潰瘍が頬や唇の内側などに現れます。
原因として挙げられているのは、現代社会で問題視されているストレスや免疫力の低下、睡眠や栄養不足などの生活習慣の質が低下することにあります。
特にストレスが加わることによってビタミンB2が欠乏しやすくなり、炎症を招きやすくなります。
通常は放置していても免疫機能によって2週間程度で自然に治るケースが多く、年齢的には若い人に多く現れる症状です。
ですが、なかなか治らない場合や痛くないものの炎症の範囲が広い場合などでは全身性疾患も考えられるため、対処法として医療機関を受診します。
セルフにおいての対策や対処法としては生活環境の改善を図り、ビタミンなどをメインとした栄養バランスのよい食事を取り入れます。
また、内服薬・塗り薬・うがい薬などの市販薬を上手く活用することで跡を残さないで治すことも可能です。

スポンサーリンク