口内炎 痛くない 白い

白い口内炎の痛くない治療法

スポンサーリンク

食事している時に、うっかりと口の中を噛んだ時や、胃腸の調子が悪いなどの体調不良の際に発生する白い口内炎を専門用語で「アフタ性口内炎」と呼んでいます。
この誰もが経験のある白い口内炎も、その特徴や原因、さらに治療法や予防法を知っておくことで、痛くないで済む場合もあります。
この「アフタ」とは口腔粘膜にできる5〜6mm以下の潰瘍のことで、白いのは、傷口の血液が凝固する時にタンパク質の偽膜ができて潰瘍をふさいでいるためです。
口内炎発生の最も多い原因として、口の中を噛んだことで、その傷口が炎症を起こすケースです。
ただ、この他にも、ストレスや疲労などによるビタミン類の不足によって、体力が著しく低下している際に、口内の細菌が増殖して炎症を起こすこともあります。
このように一度発生すると、痛くないという訳には行かず、かなりの痛みを伴うものとなりますが、原因を突き止め、生活習慣を見直すことで、予防につながります。

スポンサーリンク

まず、口内を清潔にすることが肝要です。
たとえば、殺菌作用のあるうがい薬や、洗口液で、毎日数回うがいをすることが効果的です。
こういった痛くない予防法が一番大切なことです。
また、口の中が乾燥することもよくないと言われています。
これについては、過度なアルコールの摂取や、睡眠中の口呼吸を挙げることができますので、注意する必要があります。
そして、食生活を見直すことも、予防につながります。
ここでは、栄養バランスの取れた食事を心がけ、決して偏食しないよう心がける必要があります。
そして、結果的に白い口内炎ができた時は、触れると痛いため、患部に直接貼付するパッチ式の市販薬によって痛くない治療法もあります。
これは、患部を外部からの刺激に対して、しっかりとカバーできるため、徐々に炎症が鎮まっていくことになります。
また、食事療法だけでなく、ビタミン剤を服用することで、痛まない予防法を挙げることができます。
このように、ひとたび発生すると、痛みのある白い口内炎ですが、日常生活に気を付けることで、結果的に痛くない最良の治療法となります。
この点を配慮して、規則正しい生活習慣を身につけることが必要です。

スポンサーリンク