唇 水ぶくれ 痛くない 口内炎

唇にできた痛くない水ぶくれのような口内炎の対処法

スポンサーリンク

口内炎にはいくつか種類があり、唇や口内にできて6mm以下のピンク色で白い水ぶくれで症状はその痛みだけ、喉は痛くないし、熱もでません。
このような口内炎「アフタ性口内炎」といいます。
これは1〜2週間で自然に治ります。
これに対し、ウイルス性の口内炎というのがあります。
39度以上の熱が出て、唇などに激しい痛みをともなった水ぶくれがでる症状をヘルペス性口内炎と呼びます。
ヘルペスウイルスに感染することで移ります。
他に、夏場に流行する手足口病も手や足や唇に痛くない水ぶくれが出ます。
こちらはあまり高熱は出ません。
熱が出たとしてもすぐさがります。
同じように夏場に4歳以下の子どもがかかりやすい夏風邪にヘルパンギーナというのがあり、口の中にのみ水ぶくれができて39度以上の熱がでます。
ヘルパンギーナを治す薬などはなく、熱が下がるまでゆっくりやすませ、脱水にならないように水分をたっぷりとらせるなどの対症療法のみになります。

スポンサーリンク

ヘルペスの原因はヘルペスウイルスです。
通常は感染しても発症しないことが多いですが、疲れていたり免疫力がおちてしまうと発症することが多いです。
ヘルペスの症状が出ている時は、ウイルスが大量に出ているのでまわりの人に感染させないように気をつけましょう。
食器やタオルなどは家族などと共用しないようにする、患部にできるだけ触れないよにする、など心がけましょう。
特に初期感染では重症化することが報告されていますので、赤ちゃんがいるようなご家庭では、口移しで食べ物をあげたり、赤ちゃんにキスしたりすることも控えましょう。
食事も口内炎が痛くないように、熱いもの、辛いもの、水分の多いものなどを選ぶといいと思います。
ビタミンA,B1,B2などが豊富に含まれているものがよりおすすめです。
例えば、卵豆腐や、ゼリー、マッシュポテトなどがおすすめです。
バナナや牛乳などもいいでしょう。
疲労やストレスも影響しますので、たっぷり睡眠をとりましょう。

スポンサーリンク