歯茎 口内炎 歯が痛い

歯茎に口内炎ができたときの歯が痛い症状

スポンサーリンク

毎日の生活の中で少し疲れを感じたり暴飲暴食などをしたときには、体のさまざまなところに症状としてあらわれることがあります。
そのなかで口内炎がありますが、これが口の中にできてしまうと、食事を満足にすることもできません。
口内炎は口の中のさまざまなところにできやすくなっていますが、そのなかで歯茎にできると言うこともあります。
口腔内のさまざまなところにできる炎症で、多くの場合痛みを伴います。
その痛みは1週間から2週間続き、食事や飲み物の刺激が患部に行くことで、食事をすることが困難になります。
これは口の中にいる細菌やウイルスが直接的な原因になることもあります。
治るまでの期間は5日間から10日間が目安です。
また口内炎は歯茎にもできることがあります。
この場合も口の中の衛生環境が大きく関わっているので、清潔に保つことが大切になります。
歯磨きをすると激しい痛みを伴うことがありますが、食事の後の歯磨きは必ず行うようにします。

スポンサーリンク

一般的な口内炎の場合には1週間から2週間で症状が改善していきますが、この期間を経過しても変化がなかったり再び同じ場所にできてしまったりというようなことがあれば、歯肉炎の可能性が高くなります。
歯肉炎とはどのような病気かというと、歯周病の初期の段階のことで、原因は最近の塊である歯垢や歯石となっています。
これが原因となり歯茎が炎症を起こして赤く腫れ、歯が痛いと感じるようになっています。
歯周病によってこの部分に膿がたまると、膿をこの部分にだけにとどめておくことができずに口内炎を発症することがあります。
このときには歯が痛いと感じることがあります。
症状を改善させるためには、自然治癒はありません。
進行してしまうと歯と歯茎の境目の溝が深くなり、歯を支える土台の骨が溶けて歯がぐらぐらしてきます。
最悪の場合は歯が抜けることもあるので、症状が長引くという場合には、早めに歯科医で治療を受けることが大切になります。

スポンサーリンク