赤ちゃん 唇 水ぶくれ

赤ちゃんの唇に水ぶくれができたら

スポンサーリンク

生後間もない赤ちゃんでも口内炎ができる可能性があります。
大人と同じで口内炎になってしまうと、食べ物を口にする際に痛みが走るため痛さで機嫌が悪くなったり、食事を拒否することもあります。
赤ちゃんの口内炎は口の中はもちろん、唇や舌などに水ぶくれのようなものがポツポツと現れるのが特徴です。
ただ、赤ちゃんの場合は吸いダコの場合もあるので、口内炎なのかそれとも吸いダコなのかどちらか判断して対処ことが大切です。
吸いダコとは、上唇にでき乳幼児に多く見られるタコです。
母乳を吸い出すためにできるタコで、慣れると自然となくなっていきます。
ぷっくりと丸いのが特徴で、痛みはほとんどありません。
タコができてしばらくするとポロポロ取れるため、落ち着くまではそのままにしておくことが大切です。
無理やり取ろうとすれば、炎症が起きてしまい腫れたり痛みがでてしまうため唇を常に清潔にしておくことが大切です。
口内炎か吸いダコかわからない場合は、お医者さんに診てもらうことが大切です。

スポンサーリンク

口内炎の場合は、水ぶくれのようなピンクや白の腫れものができるのが特徴です。
赤ちゃんが口内炎になる原因は、免疫力や体力などが落ちた時にウィルスや細菌などが感染して起こります。
赤ちゃんは免疫力が大人よりも弱いため、容易にウィルスや細菌などが感染しやすいため、頻繁に起こるのです。
ウィルスの種類によっては水ぶくれのような症状だけでなく、発熱や出血などが起こる場合もあります。
これらは大人の口内炎と同じように自然と治るものですが、痛みによって母乳やミルクはもちろん食べ物を拒否する赤ちゃんも現れます。
そうなれば、栄養不足や脱水症状になり危険な状態になってしまいます。
食べ物や飲み物を拒むようになれば、お医者さんに診てもらい点滴などで必要な水分や栄養素などを補ってもらうことが必要になります。
またウィルスや細菌だけでなく、栄養不足から口内炎ができることもあります。
母乳の場合はお母さんがきちんと栄養を摂らなければ、母乳にも栄養が行き渡らないため食べるものに気を付けることが必要です。

スポンサーリンク