顔 ヘルペス 原因 発症

顔に発症するヘルペスの原因

スポンサーリンク

通常、顔に発症するヘルペスは主に唇のまわりが多いです。
一部は目の角膜にできる「角膜ヘルペス」もあります。
角膜ヘルペスでは、まぶたがかぶれたり、ゴロゴロした感覚になったり涙目になる症状があります。
ウイルスが原因で発症する顔の部分でもその多くは、顔の唇のまわりにできる発疹の症状でチクチクする自覚症状がそれです。
稀に症状が重くなるのは角膜ヘルペスでみられるくらいですので、唇のまわりにできる症状については、それほど過度に心配したりしないほうがよいでしょう。
しかしながら、この唇のまわりにできる症状も、先ほどの角膜にできる症状にしても共通しているのは、発症したあと薬による投薬で徐々に症状が改善したとしても、その後に不意に発症を繰り返し再発することが多くみられます。
稀に、脳炎や肺炎を発症する事例もあり完全に油断することはできませんが、ほとんどの症状が改善した後に再発するというケースが大半なので、症状の原因について通院先の医師に相談して、主な原因を理解されるとよいでしょう。

スポンサーリンク

ヘルペス自体はとても感染力が強いウイルスですが、ほとんどの場合は成人する前までに感染していても症状が出ていないことが多いのです。
ではどのような機会で発症するのかと言いますと、自身の免疫力がストレスや疲労などの体調不良、発熱などにより低下した状態の時に発症して症状がでるのです。
そのためできるだけ普段から免疫力を高めておくことが大切なのです。
しかしながら現代の社会生活で、完全にストレスや疲労を溜めずに生活を維持することも多少困難であることも事実です。
また症状の多くは再発を繰り返すため、日頃からなるべくストレスや疲労を溜めないように、規則正しい生活を意識することが大切です。
その常日頃の自己の健康管理が、症状の再発を抑制する主な手立てであることを自覚しましょう。
もし、発症が再発してもそのままにしておくことのないように、かかりつけの病院を受診し継続して治療をしながら、少しでも再発の原因を除去していくことが大事になります。

スポンサーリンク