口唇ヘルペス 食事 感染

口唇ヘルペスに感染、治す食事とは?

スポンサーリンク

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスというウィルスに感染することで起きる病気です。
くちびるやくちびるの周りに小さな水ぶくれができます。
キスなどの直接的な接触はもちろんのこと、ウィルスがついたタオルや食器などを介しても感染してしまうため、家族間で感染することが多い病気です。
このウィルスにかかって免疫がついていても、再発を繰り返すことがあります。
大人の口唇ヘルペスのほとんどは再発したもので、年に数回再発する場合があります。
家族間でうつるため、子供のうちにかかることがほとんどであり、子供であれば症状がほぼ出ないか、出ても軽く済むのに対し、大人になってうつった場合は症状が重症化する場合があります。
ヘルペスウィルスは神経内にひそんでおり、現代であってもヘルペスウィルスを完全にたいじすることはできません。
ひそんでいたウィルスはストレスや胃腸の不調、風邪、疲労などの免疫力の低下が引き金となって起こり、症状が現れます。

スポンサーリンク

口唇ヘルペスを治す方法で一番大切なことは早期に治療することです。
症状が現れたら早めに皮膚科などで受診することが一番良い方法です。
治療として抗ヘルペスウィルス薬や口内炎の痛み止めなどを処方してもらえます。
さらに、発熱した場合は解熱剤や抗生物質などが処方されますので、出された薬を途中でやめることなく継続して続けることが大切です。
ヘルペスになったときは口内炎が出来ていたりして食事が大変だと思います。
できるだけ痛まない、しみない食事を心がけましょう。
痛いからと言って食事をとらないのはよくありません。
特にとりたい栄養素は、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンCなどで、特にビタミンB2を摂取することが好ましいです。
ビタミンB2を多く含む食べ物は、牛・豚・鳥のレバー、牛乳、さば、うなぎ、卵、納豆などがあげられます。
ビタミンB2には、口や目などの歯だの粘膜を守ったり、炎症を抑える効果がありますので、これらの食事をとって回復するよう心がけましょう。

スポンサーリンク