ヘルペス かさぶた 早く治す

かさぶたのヘルペスを早く治す方法

スポンサーリンク

顔に発症するヘルペスの症状の多くは唇のまわりにでき、一部には目の周辺にできる角膜ヘルペスがあります。
普通に治療しているうちに自然と治っていることが多いのですが、稀に重症化すると傷跡になって残ってしまうことがあるので注意が必要です。
基本的に単純ヘルペスが事前に感染して体内に潜伏していたものが、ストレスや疲労などの体調不良で抵抗がなくなっているときに発症します。
チクチクしたり痛みも伴って患部がかさぶたになっていくと、どうしても早く治すことに気がいってしまいます。
もちろん早く治すことができればよいのですが、かさぶたがどうしても気になって触りたくなってしまうことがありますが、ヘルペスのウイルスは伝染性のウイルスなので周辺に伝染することがあるので触らないようにしましょう。
もし無理にかさぶたをはがしてしまうと、もともと再発が多いのでまた再発して傷跡にもなってしまうことがありますので、なるべく早く治すためにも決して無理にはがさいでください。

スポンサーリンク

では早く治すにはどうすればいいのかというと、やはりできるだけ早めにかかりつけの病院を受診して処方される薬で焦らずに治療してください。
そのようにすれば普通は2週間ほどで症状が改善しますが抗生物質の服用により、十分な休息をすればもう少し早く改善することもあります。
しかし、現代社会では忙しいことも多くどうしてもすぐに病院を受診することが怠りがちになります。
そういうときには近くのドラッグストアで薬剤師に相談して市販薬を使って治すこともできますので覚えておくとよいでしょう。
このヘルペスの症状は再発を繰り返すことが多いので、少しでも再発を抑えるためにできるだけストレスや疲労を溜めないように心がけることが大事です。
一度感染すると完全に再発を防ぐ予防法が確立されておりませんので、やはり日頃の自己の健康管理をして規則正しい生活を心がけるようにしましょう。
食事なども治療のさいに医師に相談してヘルペスの活性化しやすい成分を含む食品もありますので、なるべく控えるようにしてください。

スポンサーリンク