唇 水泡 ヘルペス以外 病気

唇にできた水泡の口唇ヘルペス以外の病気

スポンサーリンク

唇のまわりにできる水泡の症状ではほとんどがウイルスによる感染症が多く、その病気も口唇ヘルペスということが疑われます。
しかし口唇ヘルペス以外の原因で水泡ができる別の病気といいうことも考えられます。
では口唇ヘルペス以外の水泡の症状で考えられる病気としてまず口角炎があります。
主にビタミンの欠乏や習慣的に唇のまわり舐める癖が原因であったりする場合の症状があります。
また子供の場合口唇ヘルペス以外で同症状で考えられる病気では手足口病があります。
手足口病は乳幼児にみられる急性のウイルス感染症ですが水泡のほか発熱や食欲不振を伴うことがあり1週間ほどで症状が改善します。
また別の感染症としてカンジタ症が考えられます。
カンジタ症の場合、おもに口内や消化管にあるカンジタという真菌が原因による感染症で口のまわりに痛みや痒いを伴います。

スポンサーリンク

この病気の場合も体調不良により免疫力が低下している時に発症しやすいです。
またヘルペス以外の病気では接触性皮膚炎が考えられこの場合症状として水泡のほかに腫れや痒みをともないかぶれなどがみられ主な原因として本人の皮膚に植物や医薬品、化粧品などが接触してアレルギー反応を起こして発症します。
いずれにしても基本的に本人が日常のストレスや疲労などにより、体調不良のときに免疫力が低下している時に病気を発症することが多く現代社会では完全にストレスや疲労を溜めないようにしようとしてもある程度は仕方がないかもしれませんが、できるだけ普段から免疫力の低下を抑えるには日々の自己の健康管理をして規則正しい生活を心がけるようにしましょう。
自らストレスや疲労を感じた時には十分な休息をとるようにしてまた食事なども偏ることのないようにしましょう。
そして普段と違う自覚症状が見られた場合や原因がすぐにわからない時には放置することのないよう早めにかかりつけの病院を受診して医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク