目 ヘルペス 原因 症状

目のヘルペスの原因と症状、対処法

スポンサーリンク

目の単純ヘルペスによる感染症は通常「角膜ヘルペス」といいます。
主な症状として、片眼の激痛やゴロゴロした違和感、視力低下があります。
他の同じ目の病気と違うところは、多くは症状の再発があるということです。
その症状の主な原因は、多くの人が大人になる間にウイルスに感染し、普通は症状が発症することはありません。
高齢者の多数が身体の一部の神経節にウイルスが残っております。
残っている部分であります眼の三叉神経節に感染していて、その上で日常の疲労や発熱になどの体調不良、ストレスなどの原因にとってその少数の人が角膜ヘルペスを発症いたします。
現在では、この角膜ヘルペスによる症状を改善するために薬の投与をします。
治療して約半月間ほどで症状が改善がみられますが、投与された薬が神経節に潜伏して感染しているヘルペスウイルスへの効力がないために、先にあげた原因により再度、目に角膜ヘルペスの症状を発症し多くは再発を何度も繰り返すことがあるのです。

スポンサーリンク

しかしながら現在のところでは、このウイルスに対して処方された薬が効かないため、確実な発症を抑える予防法はないと言われております。
そのため、この発症の主な原因である日常的な過度のストレスや疲労を、体に溜めないように日常生活で心がけることが重要です。
一時的に症状が改善しても、日常の疲労やストレスが常に残っていると、再度症状を発症するということをある程度覚悟しておくことが必要です。
現代社会の日常生活では、なかなかストレスや疲労、あらゆる原因による体調不良や発熱など予期出来ないことが多いことが現実です。
そのため一度症状が改善したあとも、通院先の医師によく相談して改善後も点眼液や眼軟膏といった薬を処方して、常日頃から角膜のケアに心がけていくことが必要です。
もちろん、また症状が再発したらそのままにせず、かかりつけの病院を受診し継続して治療をして、決して焦らずに症状改善のためできることは、医師とよく相談していきましょう。

スポンサーリンク