口唇ヘルペス 病院 何科 受診

口唇ヘルペスは病院の何科を受診するの?

スポンサーリンク

口唇ヘルペスの発症は誰でも突然症状がでることがありえます。
中高年のうち約7割以上の人がヘルペスウイルスに感染していると思われており、免疫力が低下しているときに口唇ヘルペスの症状がでることが多いです。
なるべく早めに病院で受診しようとしても病院の何科で受診してよいのか初診時に迷うことがありますが、何科を受診してよいのかわからないときはまず、かかりつけの病院があれば内科でもよいでしょう。
本来は口内の病気は口腔内科で受診しますが、口唇ヘルペスは主に顔に症状ができますのでその場合は何科でなければならないというわけではありませんが、一般的には皮膚科で受診すればよいでしょう。
ヘルペスを発症した症状の状況により処方薬も軟膏などの外用薬だけでなく、内服薬も処方されることもあります。
一度発症すると一時的に症状が改善しても、再発を繰り返すことが多いので同じ病院で治療できるようにしてください。
発症したらできるだけ早めに治療することが大切なのですが、それは症状の経過によっては稀に傷跡として残ってしまうこともあるからなのです。

スポンサーリンク

しかしむしろ再発を繰り返すことが多いことから、再発を抑えることに専心したほうがよいので症状が改善した後も日常生活での自己の健康管理に気をつけてください。
もし妊娠中に口唇ヘルペスの症状がでたときには、胎児への影響も考えられるためまずはかかりつけの産婦人科を受診してください。
これは口唇ヘルペスのウイルスが胎児に感染する可能性があるためです。
一般的には皮膚科で受診して治療できますが何科で受診すればいいのか迷ったらかかりつけ病院の内科でもよいでしょう。
妊娠中のときにはかかりつけの産婦人科を受診して治療してください。
いずれにしても再発を繰り返すことが多いので症状が改善した後もなるべくストレスや疲労を溜めないように体調管理を心がけてください。
現実的には完全にストレスや疲労を溜めないことは難しいかもしれませんが、できるだけ再発を抑えるためには十分な休息をとるようにしましょう。
もし再発した場合にはそのままにしておくことのないように、なるべく早めに病院を受診してください。

スポンサーリンク