口唇ヘルペス 幼児 薬 症状

幼児の口唇ヘルペスの症状と処方薬

スポンサーリンク

口唇ヘルペスの発症は主に免疫力が低下している体調不良になっている時になることが多いです。
幼児の場合症状が悪化するとうまくミルクを飲むことができなくなったり、患部がただれて傷跡にも稀になったりすることもあります。
幼児の場合、患部の痒さから掻いたりして症状を悪化させてしまい、口の周りの患部が口を大きく開けると痛くもあり、また患部の水泡が破れてただれてしまうこともあります。
患部に薬を塗っても幼児の場合は気になって薬を塗った上から平気で掻いてしまったり、水泡の部分に母乳などが残ると患部がただれやすくなります。
口唇ヘルペスの症状は一時的に改善しても、同じ部分に再発を繰り返すことが多いですが適切に薬を処方し治療すれば2週間ほどで症状が改善します。
そのため口唇ヘルペスの治療中でも水泡の中にはヘルペスウイルスが入っているため、幼児が患部を掻き壊して感染部分が悪化しないように気をつけるよう心がけてください。

スポンサーリンク

幼児の口唇ヘルペスの発症は、頬ずりなど抱き合わせた肌の接触から感染することがあり、また単純ヘルペスウイルスの飛沫感染が考えられます。
症状が軽く気がつかない場合でも一度ヘルペスウイルスに感染すると身体にウイルスの一部が残り、大人になってからも再発を繰り返すことが多いです。
幼児の口唇ヘルペスの発症による治療の場合に処方される薬で軟膏を塗ると、痒くなったり無意識に患部を掻いてしまいがちなので気にかけながら、食後や外出の際などには再度軟膏を塗り直してなるべく患部を清潔にしましょう。
軟膏の処方によって水泡は乾燥して、かさぶたになりますが掻かないようにそっとしておいてください。
2週間ほどで肌がきれいになり症状が改善します。
その後は再発を抑えるためにも日常の健康管理をして、できるだけストレスや疲労を溜めないように心がけて、普段から十分な休息をとるようにしてください。
家族でタオルなど共用しているものは分けて使うようにしてください。

スポンサーリンク