口内ヘルペス 何科 子供 受診

子供の口内ヘルペスは何科を受診するの?

スポンサーリンク

子供が口内ヘルペスを発症したときにも大人同様、なるべく早めに病院を受診し適切な治療を心がけてください。
子供の場合はじめて発症したときには親が口内ヘルペスの症状に気がつかないといけませんが、他の症状によっては何科を受診してよいのか迷うこともあります。
何科を受診すればいいのかわからない時や、また口内ヘルペスの症状でも大人と違い子供が発症した場合は「ヘルペス性歯肉口内炎」ということが多いのです。
主な症状として高熱が出て口内に水泡ができるため、痛みで食事がとれなかったり水分も十分に取れないなどの状態になることもあります。
そのためまず親が子供の状況を早めに判断して何科を受診してよいのかわからないときには、かかりつけの小児科を受診してください。
治療して症状が改善するまでだいたい10日くらいかかります。
大人よりは症状の改善が早いですが食事や水分がとれにくくなることを考えるとそれだけでも心配になってしまいます。

スポンサーリンク

口内ヘルペスの発症の主な原因は、これから免疫力がつく3歳くらいまでの間に大人から感染することが多いようです。
またヘルペス性歯肉口内炎の再発はあまりないのですが、ヘルペスウイルスに一度感染すると大人になってから口唇ヘルペスを発症して適切に治療して一時的に症状が改善しても、今度は再発を繰り返すことが多くなります。
再発を繰り返すことの多くが日頃のストレスや疲労が原因で、免疫力が低下しているときに症状が再発します。
子供の場合は発症して治療中に患部に触れないように親が注意しなければなりません。
適切な治療と再発を抑えるためにも日頃から体調管理を気にかけて大人の発症した場合には、皮膚科を受診すればよいですが子供の場合はかかりつけの病気の小児科を受診して適切な治療をしてください。
幼稚園や保育園へ通園している場合には他のお子さんに感染してしまうことも考えられますので、担任の先生に相談してください。
よって、もし発症した時には、なるべく早めに小児科を受診して医師や通園先の先生に相談するようにしてください。

スポンサーリンク