口の周り ヘルペス 原因 対処法

口の周りにできるヘルペスの原因と対処法

スポンサーリンク

ストレスや風邪をひいたときなど、体が疲れて弱っているとき口の周りにできる水ぶくれ。
これを口唇ヘルペスといいます。
ウイルス感染によって起こる病気ですが、感染したからと言ってすぐに発病するわけではなく、風邪やストレスなどによる体の免疫力が下がっているときに悪さをします。
日本人の10人に1人が感染しているといわれています。
以前は子供のうちに感染・発症するケースが多かったのですが、最近は成人してから初めて感染する人が増加し、重篤化するケースも増えています。
自分や家族、身近な人が口唇ヘルペスを発症した場合、患部には触らず清潔に保つことが大切です。
また対処法として、食器やタオルなども十分に洗浄しよく乾かし、感染している人と共有しないようにしましょう。
自分が発症した場合にも、キスなどの直接的な接触は避け、周りに移さないように十分に配慮することが大切です。
口唇ヘルペスは、通常1〜2週間で自然に治りますが、内服薬や軟膏などを処方してもらい、再発を繰り返している場合などは、早めに病院を受診し予防しましょう。

スポンサーリンク

口の周りにヘルペスができると、気になって触ってしまいがちですが、そこはぐっと我慢して早く治すための対処をしましょう。
ヘルペスの原因は、体の免疫力が下がっているときに起こります。
睡眠不足が重なったり、夏の暑さでバテ気味だったり、暴飲暴食が続いていたりすると、再発を繰り返している人は口の周りがピリピリ・チリチリするのを感じ、口唇ヘルペスの前兆に気づきます。
対処法としてその時点で十分に休みを取り、食生活にも気を付けることで、予防することもできます。
早めの軟膏や内服薬などで、水ぶくれの症状を最小限に抑えることも可能です。
しかし、一番の対処法は原因となるストレスや暴飲暴食などの体への負担を減らすことです。
このウイルスは一度感染すると一生体内に潜伏してしまいます。
ですから、発症しないように普段の生活習慣を見直し、原因を元から断つことが最大の予防となります。
疲れやストレスをため過ぎないように、適度な運動やストレス発散をしうまく付き合っていきましょう。

スポンサーリンク