ヘルペス 顔 薬 症状 治療

顔にできるヘルペスの症状の薬と治療法

スポンサーリンク

一般的に多くの人がヘルペスウイルスに感染していると言われています。
しかし感染しているすべての人が顔などにその症状が発症するというわけではありません。
しかし一度ヘルペスウイルスの症状が発症すると、病院で処方される薬で一時的にその症状が改善しても、またヘルペスの症状が顔などに発症、再発することが多いため主に薬により顔などにできたウイルスによる症状を、少しでも抑制させる治療が中心になります。
病院で処方される薬は主に内服薬や軟膏、点眼液によって治療します。
目の周辺にできる場合はゴロゴロした感覚や涙目になったり症状が唇のまわりにできた場合にはチクチクした自覚症状があります。
治療も約半月間ほどすると改善がみられますが、その後は不意に症状が発症し再発を繰り返すことが多いので、そのため処方される薬が完全に効いて治るというわけではないので体に残ったヘルペスウイルスを完全に除去出来るということではないのです。

スポンサーリンク

再発を繰り返すことが多いため症状が再発した際に、そのままにするわけにはいかないため粘り強く継続してかかりつけの病院で治療することが大切です。
完全な予防法がないため主な症状を抑え、少しでも改善させるために通院を続け、一度症状が改善した後は日頃から発症の引き金となりやすい、ストレスや疲労を溜めないように心がけ、万一風邪による発熱などによって体調不良を起こすと、必然的に身体の免疫力が低下してヘルペスの症状が再発する可能性があるという事を、ある程度自覚したほうがよいでしょう。
再発の主な原因も元々潜伏しているウイルスがストレスや疲労などで体調不良になり、体の免疫力が低下したときにウイルスが活性化して発症するのです。
顔に発症する症状の多くが唇のまわりにできる症状で唇のまわりがピリピリして少し腫れ、そして水泡ができて痒みや痛みを伴いながら症状が少しずつ改善していきます。
もし症状が再発したときにはなるべく早く病院で受診して治療することをお勧めします。

スポンサーリンク