口内炎に効く 栄養ドリンク

口内炎に効く栄養ドリンクとは

スポンサーリンク

口内炎は、口の中や舌などにできる炎症のことです。
その原因には様々なものがあります。
ビタミン不足など食生活の乱れもありますし、睡眠不足やストレス、口の中を噛んだり歯ブラシで傷つけてしまったりすることが原因のこともあります。
口内炎の治療には、必要な栄養素を補給してやることが大事です。
口内炎に効く栄養素とはビタミンB2やビタミンB6が代表的なものです。
こうした栄養素は、玄米やマグロ、鰹などの魚類、肉だとレバー類や牛の赤身肉、納豆や乳製品などに多く含まれています。
しかし、こうした食品は口内炎ができているときには食べにくい物です。
そのため、栄養ドリンクを活用するのもよい方法です。
口内炎に効く栄養ドリンクとは、ビタミンB群を中心にビタミン類が多く含まれていて刺激の強くないものです。
口内炎のときに炭酸など刺激の強いものを飲むと炎症が悪化してしまうことがあります。
そのため、栄養素が十分含まれていることも大事ですが、刺激が少ないというのも重要なポイントです。

スポンサーリンク

口内炎のときには、無理に食べにくいものを食べる必要はありませんが、ビタミン類を補給しないと治りも遅く再発しやすくなります。
口内炎に効く栄養ドリンクならば、栄養素の補給が無理なくできるため口内炎のときにはおすすめです。
栄養素の補給以外にも、口内炎のときにはいくつか気をつけるとよいポイントがあります。
一つ目は口内を清潔に保つということです。
炎症部分を刺激しないように気をつけて歯磨きをして、常に清潔にし自分の免疫力がきちんと働くようにしましょう。
二つ目が口内が乾燥しないようにするということです。
乾燥していると雑菌が繁殖しやすくなるので、こまめに水分補給をするように心がけましょう。
三つ目が刺激の強いものをとらないようにするということです。
前述のとおり、炭酸や熱すぎるもの、辛すぎるものなどをとると炎症がひどくなることがあるので、なるべく避けるようにしましょう。
トマトジュースや青汁などは栄養補給にもなり、おすすめです。

スポンサーリンク