口内炎 大きい 腫れ 原因 治療法

大きい腫れの口内炎の原因と治療法

スポンサーリンク

お口に違和感があり、何か腫れ物がある口内炎病気ですが、昔から口内炎が出来たら胃が悪い証拠と言われております。
実際に胃が悪い状態でこのような症状になる方もいます。
では、この病気の原因はと言いますと、ビタミンB不足が大半であります。
片寄った食生活をしていると身体に必要となる栄養分が足らなくなって様々な病気になります。
ビタミンB不足は口内炎になる1つの原因だと言われております。
他には、胃の調子が悪い場合や、薬の副作用など原因があります。
口内炎になると口の中に違和感を感じて酷い場合は食事が取れないほど痛くなる場合があります。
大きい物から小さい物まで様々な腫れが出ます。
これは個人差があります。
では、口内炎が出来た場合の処置方法はどのような方法を取れば良いのかと言いますと、腫れているからと無理に触ってはいけないのです。
触ってしまうとそこから細菌が入ってさらに悪化する場合や、別の病気になってしまう場合があるので注意することが大事です。

スポンサーリンク

大きい原因を知りたい場合は病院へ行くと良いです。
内科や口腔外科、皮膚科なども診てくれます。
治療法としては、主に塗り薬で大きい患部の腫れを小さくしていき、治してしまう方法が主な治療法です。
病院によってはビタミン剤を投与や処方する所もあります。
口内炎は、約1週間もすれば完治しますが、酷く大きい場合は2週間以上になる場合もあります。
自宅で治療する場合は市販薬でパッチや塗り薬が販売しているのでそれを利用しても良いですが、それでも完治しない場合は病院で診てもらう事が大切です。
幼いお子様がいる場合は、手足口病で口の中に出来る場合があります。
これもその1つであり塗り薬などで治療します。
予防法としては、規則正しい食生活を送ることが一番の予防法であり又お口の中も清潔にしておくことも大切です。
また十分な睡眠を取り過労にならないことも大切です。
基本的にこれらの事を守っていればなる事は無いのです。
それ以外が原因の場合は、何らか身体に異常があると思い病院で検査して貰うと良いです。

スポンサーリンク