口内炎 軟膏 塗り方 原因 症状

口内炎の軟膏の塗り方と原因や症状

スポンサーリンク

口内炎とは、誰もが一度は発症する事のある認知度の高い病の一つです。
口内炎を発症すると舌や口の中の粘膜に痛みのある丸く白いできものが突然発症するケースが殆どですが、患部が赤く爛れたり、えぐれた状態になっているものもあります。
この口内炎が発症する詳しい原因は解明されておりませんが、ストレスや免疫力の低下、ビタミンB2の不足が関係していると考えられています。
殆どの場合通常1週間から2週間程で自然に消失しますが、歯が患部に接触すると強い痛みがある、刺激のある食べ物が強くしみると言った場合には病院での治療が劇的に症状を改善させます。
病院で行う治療法とは、ステロイド剤入りの軟膏やシールの様に患部に貼り付けるタイプの薬を使用します。
殆どの場合ステロイド剤入りの軟膏が処方されますが、この軟膏には炎症反応と免疫反応、皮膚細胞の増殖を抑える働きがあります。
口内炎は自然治癒する事も可能ですが、病院で処方された薬を使用する事で短期間で完治させる事が可能となります。

スポンサーリンク

口内炎の治療に使用する軟膏は、ただ患部に塗布するだけと言った塗り方では効果を最大限に発揮させる事はできません。
軟膏を効果的に使用する塗り方とは、まず患部の表面を乾燥させる事が重要です。
コットンやティッシュで患部を優しく抑え表面についた唾液を拭き取ります。
その後患部に軟膏をのせる様に塗布します。
その後30分程は飲食は避け、薬が患部から取れない様に舌を動かしてはなりません。
この塗り方を何度か繰り返し行う事で徐々に患部の痛みや炎症が改善され1週間後には劇的に症状が改善されているはずです。
そして口の中は常に清潔に保ちビタミンB2を補う事も効果的です。
ビタミンB2を含む食品はレバーやうなぎ等ですが、効率的にビタミンB2を摂取していく場合にはサプリメントを使用すると良いでしょう。
ビタミンB2には皮膚の粘膜の再生を促進させる働きを持ち細胞の再生に関わる栄養素です。
日頃から口内炎を発症しやすいという場合にも、意識的にビタミンB2を日頃から摂取する事で発症を防ぐ事が可能となります。

スポンサーリンク