歯茎 口内炎 痛くない 対処法

歯茎の痛くない口内炎の対処法

スポンサーリンク

口内炎というものは通常は痛みがあるものなのですが、歯茎にできた場合にも痛みのあるものと痛くないものがあります。
口内炎は細菌などが原因の場合が多いので歯ブラシなどを念入りに行う事で口腔内を清潔に保つ事が初めに行う対処法になります。
できものがある歯肉部分は歯ブラシが当たると痛みがあるかもしれませんが、傷つけないように丁寧に磨く事が大切になります。
元々歯肉の場合にはそれほど強いブラッシングは必要としませんが、歯と歯茎の間を特に念入りにしっかりと時間をかけて歯ブラシをする習慣をつけると口腔内が清潔に保てます。
疲れがたまっているような状態だと口内炎の場合には治りが遅れるのでできるだけ睡眠時間を取るようにしておき喫煙などは避ける方が治りが早くなります。
通常であれば1週間から2週間ほどで良くなるのですが、治らないようであれば別の疾患も視野に入れなくてはなりません。
治りが遅いようであれば口腔内の疾患が考えられるので歯科が最も適しています。

スポンサーリンク

歯茎にできた口内炎が痛くない場合の対処法としては痛くないと時点で本来は歯科を受診するのも良いのかもしれません。
この場合に考えらるのは歯肉炎の症状である事が最も多いでのすが、歯の神経が炎症を起こしていたり、歯にひびが入っている場合にも歯茎に口内炎のような腫物ができるものの痛くないという状態になる事があります。
膿が中にたまっている事もありどちらにしても放置をしていても治るものでもなく対処法としては、歯科医の診断を受け適切な治療を受ける事がポイントで歯肉炎は痛くないからといって放置しても治る事はなく放置をすれば歯周ポケットの溝が大きくなり歯周病としていずれは土台がぐらつき歯が抜けてしまう危険性もあります。
治療方法としては歯周ポケットが深い場合には中の膿や歯垢や歯石を取る事が歯科で行う事で基本的な治療は毎回の歯磨きが大切になります。
本来口内炎の場合には痛みがあるのが一般的なので痛みがないようであればとりあえず口腔内の事なので歯科で相談をしてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク